Macで名刺を作成する方法を徹底解説!おすすめの無料ソフトや印刷会社を紹介!

Windowsのパソコンとは違うMacのメリット!

Mac

パソコンと言えば、マイクロソフト社が開発したOSのWindows(ウィンドウズ)が有名です。

現代では圧倒的にWindowsユーザーの方が多いものの、Macを使っている方も中にはいますよね。

Mac(マック)とは、iPhoneで有名なアップルが開発および販売を行っているパーソナルコンピュータです。

まず最初に、Windowsのパソコンとは違うMacのメリットから見ていきましょう。

  • 起動が早い(立ち上げるまでに時間がかからない)
  • 複数のモニターがあるような感覚で作業できる
  • 持ち運びが楽
  • 効率化のためのアプリが豊富

今まではWindowsを使っていたユーザーも、これらのメリットを求めてMacに乗り換える方は少なくありません。

Macを使って名刺を作成する方法を徹底解説!おすすめの無料ソフトや印刷会社を紹介!

Macを使って名刺を作成する方法 おすすめ度
1:ネット印刷のVistaprint(ビスタプリント)を利用する ★★★★★
2:無料で名刺を作成できるソフトのラベル屋さんを使う ★★★★☆
3:Mac向け文書作成ソフトのPages(ページズ)を使う ★★★★☆
4:Mac専用アプリのCard4Callで名刺を作成する ★★★☆☆

Macのパソコンでは、上記の方法で名刺を作成することができます。

ネット通販の印刷会社に依頼したり無料ソフトを使ったりと、名刺を作成する方法は様々!

ビジネス名刺やプライベート名刺が欲しいと考えている方は、こちらのページを参考にしてみてください。

1:ネット印刷のVistaprint(ビスタプリント)に依頼する!

Vistaprint(ビスタプリント)

Vistaprint(ビスタプリント)は、ネット印刷で名刺を作成できる代表的なサービスです。

WindowsやMacはもちろんのこと、iPadやスマホなど様々なデバイスでVistaprint(ビスタプリント)は使えますよ。

※iPadやスマホで名刺を作成できるおすすめのアプリはこちら!

iPadやスマホで名刺を作成できるおすすめのアプリ4選!
このページではiPadやスマホで名刺を作成できる8つのアプリを比較し、特におすすめのサービスを4つ紹介しています。名刺のデザインの作成や編集は基本的に無料です。幅広いテンプレートから選べるアプリもありますので、初めて利用する方は選び方の参考にしてみてください。

他の印刷会社と違うVistaprint(ビスタプリント)のメリットは次の4つです。

  • 100枚のフルカラー名刺が980円~と格安の料金で印刷を依頼できる
  • 名刺のデザインテンプレートの数は5,000種類を超えている
  • エクスプレス出荷を選択すれば2営業日後には届けてくれる
  • 見た目のインパクトを大きくアップさせる厚盛りDECO加工を施せる

格安の料金で素敵なビジネス名刺やプライベート名刺を作成できますので、Vistaprint(ビスタプリント)は高い評価を獲得しています。

Macをお使いの方も、Vistaprint(ビスタプリント)の公式サイトにアクセスして自分のイメージに合うデザインの名刺を作ってみましょう。

Vistaprint(ビスタプリント)の公式サイトはこちら

【口コミや評判は?】Vistaprint(ビスタプリント)が詐欺業者なのか徹底解説!
Vistaprint(ビスタプリント)が詐欺業者なのかどうか、この記事では口コミの評判を徹底解説しています。結論から言うと、Vistaprint(ビスタプリント)は信頼できる名刺作成サービス!他のネット印刷と何が違うのか見ていきましょう。

2:無料ソフトのラベル屋さんを使う!

ラベル屋さん

ラベル屋さんは、文字やイラストを使ったカード&ラベルを簡単に作成できる無料のソフトです。

全く新しいラベル文化を創造するA-one(エーワン)がラベル屋さんを運営していますね。

ラベル屋さんのWeb版は、MacOS向けのソフトあり!

公式サイトからラベル屋さんのMac版をダウンロード&インストールするだけで、サクっと名刺やショップカードを作成できます。

ラベル屋さんのインストール

ラベル屋さんのインストール

以下では、ラベル屋さんを使った名刺作成のやり方を簡単にまとめてみました。

  1. Macで最新バージョンのラベル屋さんをインストールする
  2. ソフトを起動した後に好きなデザインの名刺テンプレートを選ぶ
  3. デザインの編集画面で文字や画像を調整して仕上げる
  4. レイアウト画面で残りのセルに仕上げた名刺をコピーする
  5. 用紙をプリンタにセットして印刷した後にカットして完了

Illustrator(イラストレーター)Photoshop(フォトショップ)とは違い、一定の費用を支払う有償のソフトではありません。

お金をかけずに名刺のデータを作成して自宅のプリンタで印刷したい方にラベル屋さんは向いています。

※ラベル屋さんで名刺を作成するメリットと大まかな流れはこちら!

A-One(エーワン)のラベル屋さんで名刺を作成する手順を徹底解説!
A-One(エーワン)から提供されているソフトのラベル屋さんでは、名刺やシールなどの印刷物を作成できます。無料で使えますので、名刺用紙だけ購入すればOK!このページでは、ラベル屋さんで名刺を作成する手順を詳しく解説していきます。

ラベル屋さんで使える名刺の無料テンプレート!

Macで名刺を作成するに当たり、ラベル屋さんを使った方が良いのは無料のテンプレートが多いのが理由です。

下記のようにたくさんの種類のデザインから1つを選び、Web上で編集して素敵な名刺に仕上げられます。

ラベル屋さんの名刺

ラベル屋さんの名刺2

全て無料で使える点を加味すると、ラベル屋さんはコストパフォーマンス抜群のソフトです。

※ラベル屋さんで用意されている名刺のデザインテンプレートはこちら!

参考 ラベル屋さんの名刺のデザインテンプレート

3:Mac向け文書作成ソフトのPages(ページズ)を使う!

Pages(ページズ)とは、Mac向けの文書作成ソフトです。

正確にはページレイアウトアプリケーションという位置付けで、Wordソフトより直感的なレイアウトで高い評価を獲得していますよ。

ビジネス文書の作成でPages(ページズ)を使っている方は多いのですが、名刺やショップカードの作成にも役立つソフトです。

Pages(ページズ)であらかじめデザインされたテンプレートを使い、画像やイラストを挿入してオリジナルの名刺に仕上げられます。

Pages(ページズ)で名刺を作成する詳しい方法に関しては、こちらのページをご覧になってください。

Pages(ページズ)で名刺を作成するメリットと大まかな流れを徹底解説!
Pages(ページズ)はMacの文書作成ソフト&ページレイアウトアプリケーションです。このページでは、Pages(ページズ)で名刺を作成する方法を詳しく解説しています。自作デザインの名刺が欲しい方は是非一度参考にしてみてください。

4:Mac専用アプリのCard4Callで名刺を作成する!

Card4Call

Mac専用の名刺作成アプリの「Card4Call」も意外と評判が高く、2014年の5月6日にリリースされました。

プリをインストールしてから起動し、背景・写真・アイコン・所属などを挿入し、「Preview」を押すだけで91mm×55mmのサイズの名刺をA4の用紙に印刷できます。

デフォルトで用意されている背景は140種類、アイコンは2,360種類で、ご自分で用意したjpgやpngといったイメージを名刺の中に取り入れるのもOK!

純粋な記号からWebサービスのfaviconまで大よそのものは取り入れられていて、簡単な操作で名刺を作成できるのでMacユーザーから評判を得ていますね。

「Card4Call」のダウンロード料金は100円でしたが、現在では無料でインストールできますのでMacユーザーの方は一度試してみるべきです。

ただし、「Card4Call」の説明は全て英文で記載されているのがデメリット…。

「名刺作成の手順がイマイチわからない…」という方は、上記の項目で紹介した印刷会社や無料ソフトを使いましょう。

参考 MacのCard4Callの詳細はこちら!

Mac向けの名刺管理ソフトはある?

名刺管理ホルダー

近年ではパソコンやスマートフォンのソフトを使用し、名刺を管理してビジネスに役立てている方が増えました。

ビジネスマンであれば相手の記憶に残る名刺の作成だけではなく、人からもらった名刺の管理も徹底して行わないといけません。

スマホのアプリケーションはとても簡単な方法で名刺を管理できますが、パソコンのMacを有効活用するのも選択肢の一つですね、

※名刺の管理をデジタル化するメリットはこちら!

名刺の管理をデジタル化する4つのメリットとおすすめの方法を徹底解説!
名刺の管理をデジタル化するに当たり、「名刺の枚数が多くても簡単に管理できる」「名刺を簡単に検索できる」といったメリットがあります。このページでは名刺を管理できるソフトやツールを紹介していますので、選び方で迷っているビジネスマンは参考にしてみてください。

以下ではMacを使ったおすすめの名刺管理方法を紹介していますので、「もらった名刺で机が溢れ返って悲惨なことになっている…」という方は一度実践してみてください。

  • 端末のOSに依存しないようなクラウドサービスを用いる
  • Macに対応したスキャナに同梱されている名刺管理ソフトを使う
  • マルチデバイスのファイル保存サービスを使用する
  • エクセルやファイルメーカーなど表計算ソフトを活用する

品質の高い名刺を作成することだけに焦点を当てすぎていて、名刺の管理を怠っているケースは少なくありません。

名刺は単純に配るだけではなく、相手と連絡先を交換してビジネスに繋げられるアイテムですので、相手から貰った名刺は忘れずに保管して管理しましょう。

まとめ

Macのパソコンでも、「Vistaprint(ビスタプリント)に依頼する」「ラベル屋さんをインストールする」「Pages(ページズ)を使う」など様々な方法で名刺を作成できます。

自分の職業やイメージに合うオシャレなデザインに仕上げることができますので、Macで素敵な名刺を作ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました