シンプルな名刺の作成

「拘りのあるデザインの名刺でなければ相手にインパクトを与えられない」と考えている方はいらっしゃいます。

確かに、シンプル過ぎる名刺よりも多少はデザインに凝っていた方が覚えてもらいやすいですし、相手に自分の印象を強く残すことはビジネスでは非常に大事なのです。

とは言え、シンプルでも凝ったデザインの名刺に仕上げることはできますし、インパクトを与えたいからといってゴチャゴチャとした名刺を作成すれば良いというわけではありません。

海外ではシンプルでもユニークな発想で名刺を作成している方はいらっしゃいますし、スッキリとしたデザインであれば清潔感を出すことができます。

ゴージャスさや高級さを出すよりも、シンプルな方が好感度を上げられるかもしれないので、自分の職業と照らし合わせて名刺のデザインを決めるのが一番です。

普通のサラリーマンの方がカラフルな名刺を持っていても違和感があるので、シンプルでも相手の印象に残るようなイメージの名刺を作成してみましょう。

名刺印刷業者を利用すれば、数多くのテンプレートが用意されておりますし、どの業者でもシンプルなデザインを見つけられるはずです。

当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)でも、シンプルな名刺を作成することができ、数多くのテンプレートが大きな魅力となっております。

シンプルでビジネスに適したデザインのテンプレートだけでも141種類が用意されているので、Vistaprint(ビスタプリント)の公式HPで確認してみてください。
 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 
さて、シンプルで見やすい名刺を作成するならば、業者に依頼せずに自宅で作るのも選択肢の一つとなっております。

ワードやイラストレーターといったソフトで初心者でも名刺を作成できますし、後は印刷してカットするだけなのです。

全体的なデザインはシンプルだったとしても、会社のロゴやイラストを余白部分に入れていれば、大分イメージを良くすることができます。

会社のロゴを持っていないフリーランスの方は、自分の業種と上手くマッチするようなイラストを名刺の中に取り入れ、名刺交換の際にアピールするのが良いかもしれません。

ただし、どんな名刺でも自宅で作成する場合は印刷した後にカットしなければならず、この作業が非常に面倒だと心得ておくべきです。

始めからミシン目が入っているクリアカットタイプの用紙は販売されているものの、普通の用紙は印刷し終わった後にカットが必要で、専用の器具を購入しておいた方が良いでしょう。

定規とカッターの使用では上手くカットできず、名刺の見た目が悪くなるかもしれないので注意が必要です。

タイトルとURLをコピーしました