名前のみの名刺を作成するのはどう?

イラストのない名前のみの名刺を作成するのはどうなの?

イラストのない名前のみの名刺を作成するのはどうなの?
「シンプルな名刺を作成したい」と考えている方は、「名前のみの名刺が良いのではないか?」とイメージするかもしれません。

確かに、名刺はゴチャゴチャと情報を羅列していれば良いという単純な話ではなく、相手が見やすいようにデザインするのがポイントですね。

自分を相手の記憶に植え付けるために次のような名刺を作成していると、逆に印象が悪くなります。

  • 表面と裏面にビッシリと文字が詰まっている
  • イラストを入れすぎていて一切の余白がない
  • インパクトを与えるために不必要にカラフルにしている

 

名刺交換で相手に良い印象を与えることができないと、自分の評価が下がりやすいので注意しないといけません。

しかし、名前のみの名刺は殺風景ですし、名刺が持つ本来の役割を果たせないですよ。

ただ自分の名前を伝えるだけではなく、相手に連絡先を教えて「いつでも連絡してください」という意味を込めて名刺交換をします。

  • どのような会社に勤めているのか?
  • どんな事業を行っているのか?
  • どのように連絡を取れば良いのか?

 

名前のみの名刺だと上記の情報を相手に伝えることができませんので、渡しても意味がありません。

名前や会社名、電話番号やメールアドレスなど全ての情報が入ってこそ名刺としての役割を果たすため、どの項目や情報を加えれば良いのか考えてみましょう。

 

名刺に記載する名前のサイズやフォントに気を配ろう

文字のフォント

名刺交換でこれからもよろしくお願いしますという意味合いを込めて相手に渡す名刺は、名前のみではなく連絡先や肩書きも必須です。

そこで、名刺を渡した時に相手への印象を少しでも良くしたいのであれば、記載する文字情報のサイズやフォントに気を配りましょう。

下記に該当するような名刺を作成しても、渡された相手は違和感を感じてしまいます。

  • 名前や連絡先など全ての文字情報が同じサイズだと見にくい
  • 一番重要な項目の名前のサイズが小さいと覚えてくれない
  • 名前と他の情報の間隔があまりにも狭すぎると視認性が悪い

 

そこで、名刺に名前を記載する際にどのような点を押さえておけば良いのかいくつか挙げてみました。

  • 名刺の中でも最重要項目なので18pt~19ptの大きなサイズにする
  • 小塚明朝やゴシック、教科書体や有沢隷書など読みやすいフォントをチョイスする
  • 連絡先や会社名とは違ったフォントにする(どんなに多くても2種類まで)
  • ガイド機能を使って上下左右を均等にして視認性を良くする

 

名刺を作成する上でデザイン以外にも気を配るポイントは多く、名刺交換で第一印象が決まると言っても過言ではありません。

もちろん、名前以外の文字情報も大切ですので、全体のバランスを考えながら配置してください。

 

名前に加えて顔写真を名刺の中に入れて作成しよう

顔写真入りの名刺

「自分の名前と顔を覚えてもらいたい」と考えている方は、名前や連絡先だけではなく顔写真を入れてみましょう。

自分の顔写真を入れて名刺交換をするのは恥ずかしいかもしれませんが、名前と顔を一致させて覚えてもらうには効果的です。

「仕事ができそう」「誠実そう」「任せられそう」という印象を与えるような写真をカメラマンに撮ってもらい、名刺の余白部分に挿入すると皆さんが想像している以上に素敵な名刺が出来上がりますよ。

個人情報を伝えるためにも、ホームページやFacebookを裏面に表記するのも選択肢の一つです。

「名刺は○○○のように作成すべき」と明確に決められているわけではありませんので、個性的で相手に覚えてもらえるような名刺をビジネスマンは作ってみてください。

 

拘りのある名刺を作りたいならVistaprint(ビスタプリント)がおすすめ!

ビスタプリント

名前のみではなく、他の情報をたくさん加えたりイラストを挿入したりすれば、相手におっと思わせる名刺を作成できます。

そこで、拘りのある名刺を作成したい方には、ネット通販のVistaprint(ビスタプリント)がおすすめです。

Vistaprint(ビスタプリント)では、5,000種類以上と豊富なテンプレートの中からお好きなデザインを選んで名刺を作成できます。

名刺の中に記載する文字情報はオンライン上で自由に編集できますので、ビジネス名刺や趣味名刺を作りたい方はVistaprint(ビスタプリント)を利用してみてください。

 

check-s011

Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

タイトルとURLをコピーしました