名刺の作成で資格の項目を入れる際の4つのポイントを徹底解説!

名刺の作成で資格の項目を入れる3つのメリット!

名刺の作成で資格の項目を入れる3つのメリット!
  • 自分が持つスキルや知識をしっかりとアピールできる
  • 自分の魅力を相手に最大限に伝えられる
  • 相手が自分のことを覚えてくれる確率が高くなる

名刺を作成するに当たり、名前や連絡先などの基本的な情報だけではなく自分が取得している資格の項目も入れましょう。

ありきたりな情報を入れた名刺とは違い、資格の項目を入れた名刺には上記の3つのメリットあり!

資格の情報が入っていれば、「この人は何ができるのかな」「この人と繋がることでどんなメリットがあるのかな」といった内容を相手に伝えられますよ。

名刺は相手に渡す目的で作成するアイテムですので、自分の魅力を最大限に伝えられるように作成すべきです。

ただし、単純に資格をズラズラと名刺の中に記載するのではなく、下記のように自分の職業との関連性を第一に考えないといけません。

代表的な業種や職種 名刺の中に入れたい資格
医療事務や調剤薬局事務に勤めている人 登録販売者
不動産会社に勤めている人 土地家屋調査士
ファイナンシャルプランナーや保険会社に勤める人 FP技能士
企業の経営に関するコンサルティングを行う人 中小企業診断士
保育園や幼稚園に勤めている女性 保育士

自分の職業に合わせた資格を加えて名刺を作成すれば、名刺交換で大きな武器になるのは間違いありません。

名刺の作成で資格の項目を入れる際の4つのポイントを徹底解説!

名刺の作成で資格の項目を入れるに当たり、基本的には情報を追加するだけでOKです。

しかし、名刺に資格情報を加えてアピールしたい方は上記の4つのポイントを意識して作成しましょう。

1:位置やレイアウトを考えてデザインする!

位置やレイアウトを考えてデザインする

「○○○の情報は一番下に書かなければならない」と名刺の作成では特に決まっていません。

デザインや自分の好みに合わせて調整できますが、資格を入れる位置やレイアウトを考えてデザインするのは大事です。

具体的にどのようなデザインで名刺をレイアウトすれば良いのか見ていきましょう。

  1. 名刺の一番中心に大きめのフォントサイズで名前を入れる
  2. 名前の右下辺りに少し文字サイズを小さくして資格の情報を加える
  3. メールアドレスや電話番号などの情報は更に下に記載する

資格名を名前の上に記載すると、「その人は資格よりも下の人間になるのでは」と相手が考える可能性がありますので注意!

Vistaprint(ビスタプリント)

ネット印刷のVistaprint(ビスタプリント)では、オンライン上でソフトをダウンロードせずに名刺に記載する内容を自由に編集して印刷を依頼できますよ。

5,000種類を超えるテンプレートから自分のイメージに合うデザインを選び、連絡先や資格など好きな情報を加えて作成するだけです。

100枚のフルカラー名刺が980円~と格安の料金なのも魅力的ですので、Vistaprint(ビスタプリント)で資格情報が入った名刺を作成してみてください。

Vistaprint(ビスタプリント)の公式サイトはこちら

【口コミや評判は?】Vistaprint(ビスタプリント)が詐欺業者なのか徹底解説!
Vistaprint(ビスタプリント)が詐欺業者なのかどうか、この記事では口コミの評判を徹底解説しています。結論から言うと、Vistaprint(ビスタプリント)は信頼できる名刺作成サービス!他のネット印刷と何が違うのか見ていきましょう。

2:複数の資格を持っている人は裏面に記載する!

複数の資格を持っている方は、名刺の表面ではなく裏面に記載しましょう。

例えば、不動産会社に勤めている方の中には下記のように多種多様な資格を持っていることがあります。

不動産関係の資格
不動産鑑定士 周辺状況を考慮して適正価格を導き出すスキルを持つ人
再開発プランナー 街作りに関する必要な知識や技術を習得する資格
管理業務主任者 マンションの管理業務を円滑に進められるプロ
不動産仲介士 不動産仲介業務を行う担当者に欠かせない資格
宅地建物取引士 不動産取引に関する知識や技術を持ち合わせるプロ

これらの情報を名刺の表面にズラズラと記載しても見にくいですし、「この人は何が伝えたいの?」と相手が疑問を抱くケースも…。

名刺の裏面にはそれなりに大きなスペースがありますので、自分が取得している複数の資格と説明を加えてアピールするのが効果的です。

※両面の名刺を作成するメリットとおすすめの印刷会社はこちら!

両面の名刺作成
両面の名刺を作成するメリット 現在ではビジネスでもプライベートでも、表面と裏面の両方を使った両面の名刺を作成している方は少なくありません。 名刺は片面しか使用してはいけないという決まりはありませんので、両面を使って自由に自分を表...

3:資格に加えて会社のロゴを入れる!

ロゴ入り名刺

個人事業主でも法人でも、資格名に加えて会社のロゴマークを名刺の中に入れて作成してみてはいかがでしょうか。

企業ブランドとしてロゴは重要で、単に見栄えの問題だけではなく企業の戦略に携わる存在と言っても過言ではありません。

大企業の多くは、次の3つの理由で自社のロゴの作成に力を入れています。

  • ウチはこんなに良い会社です!と価値を約束できる
  • 人の心を打つイメージをロゴで伝えられる
  • 万人にロゴと企業イメージを記憶に残せる

魅力的なロゴを作っても相手に覚えてもらわなければ意味がありませんので、名刺の中に忘れずに加えてアピールすべきですね。

ロゴ入り名刺の作成におすすめの印刷会社については下記のページをご覧になってください。

ロゴ入り名刺を作成する3つのメリットとおすすめの印刷会社4選!
名刺交換で会社をアピールしたいのであればロゴの挿入がおすすめ!通常のデザインと比較してみると、ロゴ入り名刺は見た目のインパクトがアップしますよ。この記事ではロゴ入り名刺を作成できる印刷会社を徹底比較していますので、サービス選びの参考にしてみてください。

4:資格名と合わせて肩書きも加える!

肩書き

自分が持っている資格がどれだけ凄くても、素人には中々伝わりません。

「この資格を持っていて何か良いことがあるの?」と疑問を抱くケースもありますので、資格だけではなく肩書きも加えて名刺を作成するのがコツ!

しかし、「○○会社代表取締役」「経営コンサルタント」「○○認定コーチ」「○○協会認定カウンセラー」などありきたりな肩書きだと、名刺を渡した相手に大きなインパクトを残すことはできません。

あなたの魅力や価値、他のライバルとの違いが全く伝わらないので、少し長くても「これは!?」と感じるような肩書きを設定してみてください。

名刺に資格を書くのが恥ずかしい時はどうすれば良い?

名刺に資格を書くのが恥ずかしい時は?

「名刺に資格を書くのが恥ずかしい時はどうすれば良いの?」と疑問を抱えている方は少なくありません。

Twitterの口コミを見てみると、「FP3級とか良く恥ずかしい資格を名刺に載せられるな」「他の資格と比べて見劣りするから恥ずかしい」との意見がありました。

確かに、国家資格であればまだしも、大したことのない資格をこれ見よがしに掲載するのは恥ずかしいという気持ちはわかります。

「相手に心の中で笑われているのでは?」と不安になる気持ちはわかるものの、結論から言うとそこまで神経質になる必要はありません。

相手が持っている資格で良し悪しの全てを判断する人はいませんし、外見だけではなく中身の方が遥かに大事ですよね。

名刺の中に入っている情報よりも、名刺交換のマナーやタブーを知らない方が遥かに恥ずかしいので、ビジネスマンの方は何度でも頭の中に叩き込んで相手に失礼のない態度を心掛けてください。

まとめ

ビジネスと深く関係する資格をお持ちの方は、名刺の中に入れて作成した方が自分を効率良くアピールできます。

「位置やレイアウトを考えてデザインする」「複数の資格は名刺の裏面を有効活用する」といった点を心掛けていれば、魅力的な名刺が出来上がりますよ。

名刺は自分の身代わりになる大事な存在ですので、丁寧に作成してビジネスシーンで使ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました