OneNote(ワンノート)で名刺を管理する3つのメリットを徹底解説!

OneNote(ワンノート)とはどんなソフト?

OneNote(ワンノート)

OneNote(ワンノート)は、Microsoft社が無料で提供しているソフトウェアです。

現実の手帳やノートと同じで、自由に文字を書き込むことができますよ。

OneNote(ワンノート)の主な使い方は下記の通りです。

  • 自由に書き込んで記録して情報を集める
  • YouTubeの動画を埋め込んで再生する
  • たくさんのアイデアを出すためにブレインストーミングする
  • 画面の領域を使って簡単に資料作りを行う

他のMicrosoft社のソフトと比較してみると、OneNote(ワンノート)の知名度はそこまで高くありません。

しかし、OneNote(ワンノート)の歴史は10年以上と非常に長く、ビジネスシーンのあらゆる情報をデジタル化して記録できる便利なツールです。

OneNote(ワンノート)で名刺を管理する3つのメリットを徹底解説!

OneNote(ワンノート)は文字を記録するだけではなく、名刺の管理にも役立つソフトウェアです。

OneNote(ワンノート)で名刺を管理するメリットは上記の3つ!

「たくさん増えた名刺をファイルするのは大変」「全員の顔と名前を正確に一致させるのは難しい」と悩んでいるビジネスマンに向いていますね。

デジタルな方法で名刺を管理したい方は、Microsoft社のOneNote(ワンノート)を有効活用してみてください。

1:名刺の管理で役立つ様々な機能が搭載されている!

OneNote(ワンノート)の便利な名刺管理機能!
  • OCRで取り込んだ画像から文字情報を抽出して、名前や住所で名刺を検索しやすい
  • 手書き機能により、相手の名刺の裏面にメモを残さなくても良い
  • 五十音順や取引先ごとなどインデックス順で並べて整理しやすい
  • パソコンだけではなくスマホやタブレットなどマルチデバイスで使える

OneNote(ワンノート)で名刺を管理するメリットは、上記を中心に様々な機能を使えるところです。

名刺を管理するに当たり、「目当ての名刺をすぐに探せるのかどうか?」といった点は一番に考えないといけません。

OneNote(ワンノート)は「会社用」「学校用」「プライベート用」と仕分けしやすいため、名刺の整理整頓がとても簡単ですよ。

また、OneNote(ワンノート)ではWordやExcelと連携したりインデックスを付けたりといった機能もあります。

これらの機能は名刺管理にも役立ちますので、OneNote(ワンノート)を愛用しているビジネスマンが増えているのではないでしょうか。

2:初心者でも簡単なやり方で名刺を管理できる!

名刺管理

ソフトを使って名刺を管理すると聞き、「使い方が難しいのではないか?」とイメージしている方は少なくありません。

しかし、OneNote(ワンノート)での名刺管理は非常に簡単で、単純にノートに名刺を貼り付けてボールペンでメモを書くようなイメージです。

以下では、OneNote(ワンノート)を使った名刺管理の流れをまとめてみました。

  1. まずは一番簡単な方法の名前順(あいうえお順)で貰った名刺を並べる
  2. ページを名刺の枚数に合わせて作っていくとやりやすい
  3. 名刺の枚数が少ないビジネスマンは「あかさたなはまやらわ」と並べる
  4. 各ページに表を作り、上に名刺を挿入して下にメモを入力する
  5. 読み取り用のアプリやGIMPなどのフリーソフトを使用し、スキャナを使って名刺を画像として取り込む
  6. 名刺を貰った時の状況や相手の印象など、自分が残しておきたい情報を入力する

ソフトの中に名刺とメモが一つにまとまっていると、検索した後にチェックする時間を省けます。

オフィスではパソコンを使用し、外出先ではスマホやタブレットを使ってOneNote(ワンノート)の中に入っている名刺を確認するといった使い方もおすすめ!

3:お金を支払わなくても無料で利用できる!

料金

※横にスクロールできます。

名刺管理におすすめのスマホアプリ
Sansan(サンサン) 多彩な機能によって戦略的な営業活動に役立てられる
HotProfile(ホットプロファイル) 名刺管理に加えてマーケティングにも使える
CAMCARD BUSINESS(キャムカードビジネス) 98%の自動変換精度の高さが魅力的なスマホアプリ

上記のアプリはスマホで名刺を管理できますが、利用するに当たって一定の費用を支払わないといけません。

一方でOneNote(ワンノート)は無料で提供されているソフトウェアです。

同じMicrosoft社のExcel(エクセル)やPowerPoint(パワーポイント)とは違い、OneNote(ワンノート)はお金を支払わなくても利用できますね。

※Excel(エクセル)やPowerPoint(パワーポイント)で名刺を作成する手順はこちら!

Excel(エクセル)で名刺を作成する4つの手順を徹底解説!データを作る上での注意点は?
表計算ソフトのExcel(エクセル)は名刺を作成することもできます。このページでは、Excel(エクセル)で名刺を作成する4つの手順について詳しくまとめました。自作の名刺が欲しい方は是非一度参考にしてみてください。
PowerPoint(パワーポイント)で名刺を作成する3つのメリットと正しい手順を徹底解説!
プレゼンソフトのPowerPoint(パワーポイント)は名刺を作成できます。シンプルデザインやポップデザインなど、幅広い名刺のテンプレートから選択OK!この記事では、PowerPoint(パワーポイント)で名刺を作成する手順を詳しく解説していきます。

名刺交換の頻度が低い個人事業主やフリーランスは、無料のOneNote(ワンノート)でも十分です。

有料のアプリやソフトで名刺を管理する前に、手始めにOneNote(ワンノート)を使ってみてはいかがでしょうか。

OneNote(ワンノート)で名刺を管理している人の口コミや評判まとめ!

OneNote(ワンノート)で名刺を管理している人の口コミや評判

このページでは、OneNote(ワンノート)で名刺を管理している人の口コミや評判の情報を紹介していきます。

1:名刺管理もノート共有もできてOneNoteは便利!

OneNote(ワンノート)があれば、名刺の管理やノートの共有ができます。

OneNote(ワンノート)の利便性に高さに満足しているユーザーは多いようです。

紙媒体をぶっこんで名刺を管理していれば、「○○○の名刺はどこ?」と焦って探さずに済みますよ。

2:名刺の管理でEvernoteからOneNoteに移行した!

Evernote(エバーノート)とは無料のメモアプリで、ビジネスシーンでの活用頻度が高くなっています。

名刺の管理でもEvernote(エバーノート)は役立ちますが、「OneNote(ワンノート)に移行した」との口コミや評判がありました。

無料で使える点では一緒でも、OneNote(ワンノート)の方が名刺管理で使いやすいみたいです。

3:名刺管理でOneNoteを使っているけど重いし名前の認識精度が低い…

Twitterの口コミを見てみると、OneNote(ワンノート)は名刺管理で使いづらいとの意見がありました。

無料のソフトなので仕方がありませんが、動作が重くて名前の認識精度が低いようですね。

使い勝手を重視するのであれば、OneNote(ワンノート)ではなく名刺管理専用のアプリやソフトの方が良いかもしれません。

4:Office LensとOneNoteでの名刺管理は使いづらい…

カメラアプリのOffice LensとOneNote(ワンノート)を連携し、名刺を管理する方法がビジネスマンの間で流行っています。

しかし、Office LensとOneNote(ワンノート)での名刺管理は少々使いづらいようです。

人によって感じ方は異なりますが、名刺管理専用のアプリやソフトと比較してみると見劣りします。

名刺の作成はVistaprint(ビスタプリント)がおすすめ!

Vistaprint(ビスタプリント)

OneNote(ワンノート)はMicrosoft社のWord(ワード)やAdobe社のIllustrator(イラストレーター)とは違い、名刺を作成したりデザインしたりといった機能はありません。

ビジネスマンであれば名刺の管理はもちろんのこと、自分の魅力を伝えられるデザインで名刺を作成するのも重要です。

そこで、ビジネス名刺が欲しい方はVistaprint(ビスタプリント)を利用してみましょう。

Vistaprint(ビスタプリント)はネット印刷の名刺作成サービスで、シンプル系やゴージャス系など5,000種類以上のデザインから選べますよ。

どのテンプレートを選んでも100枚のフルカラー名刺が980円~と格安ですので、是非一度Vistaprint(ビスタプリント)に依頼してみてください。

Vistaprint(ビスタプリント)の公式サイトはこちら

【口コミや評判は?】Vistaprint(ビスタプリント)が詐欺業者なのか徹底解説!
Vistaprint(ビスタプリント)が詐欺業者なのかどうか、この記事では口コミの評判を徹底解説しています。結論から言うと、Vistaprint(ビスタプリント)は信頼できる名刺作成サービス!他のネット印刷と何が違うのか見ていきましょう。

まとめ

OneNote(ワンノート)で名刺を管理するメリットや具体的なやり方についておわかり頂けましたか?

有料のアプリやソフトを使わなくても、無料のOneNote(ワンノート)で簡単に名刺を管理できます。

高性能なカメラアプリのOffice Lensと連携して名刺をデジタル管理することもできますので、OneNote(ワンノート)をダウンロードしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました