バインダーで名刺を管理する4つのメリットとおすすめの製品を徹底解説!

バインダーを使って名刺を管理する4つのメリットを徹底解説!

バインダー

ビジネスマンであれば業種や職種に限らず、他人からもらった名刺をきちんと管理しないといけません。

「誰かの名刺が机の引き出しに溜まっている」「どれが重要な名刺なのか全く分からない」「必要だと思った名刺を直ぐに見つけられない」といった人はビジネスマンとして失格ですよね。

そこで、名刺を管理する方法で悩んでいる方はバインダーを使ってみてはいかがでしょうか。

バインダーとは、記録済みの文書を綴じて整理したり保管したりできるアイテムです。

バインダーを使って名刺を管理するに当たり、どのようなメリットがあるのかいくつか挙げてみました。

  • あいうえお順に並べていれば自分が分かりやすいように名刺を管理できる
  • 緊急に連絡を取る際に該当する取引先の名刺を簡単に探せる
  • リフィールタイプになっていればまとめる時に順番を入れ替えられる
  • 文房具屋さんやネット通販で格安の料金で購入できる

たった一つのバインダーがあれば、自分の好きな方法で分類して名刺を保管できます。

必要な名刺と不必要な名刺を区別できますので、「○○○さんと連絡を取りたいけど名刺はどこかな~?」と悩むことはありません。

近年では名刺管理専用のソフトやアプリが数多く登場していますが、バインダーやファイルなどアナログ的なやり方で管理するのも選択肢の一つですね。

※名刺をアナログ管理する4つのメリットはこちら!

名刺をアナログ管理する4つのメリットとおすすめの方法を徹底解説!
近年では名刺の管理をデジタル化に任せている方はいます。しかし、アナログ的な方法でビジネスやプライベートの名刺を管理するのも選択肢の一つですよ。ここでは、名刺をアナログ管理するメリットとおすすめの方法を詳しく解説していきます。

名刺の管理に役立つおすすめのバインダーを紹介!

名刺管理で役立つバインダーと一口に言っても、実店舗やネット通販では様々な種類の製品が販売されています。

「どのバインダーを購入して名刺を管理すれば良いの?」と疑問を抱えているビジネスマンのために、ここではおすすめのグッズをいくつか挙げてみました。

名刺管理の徹底はビジネスチャンスを増やす方法の一つでもありますので、お好きなバインダーやファイルを探して購入してみましょう。

 

ナカバヤシ 名刺バインダー 差し替え式300名用:300枚まで収納可能とボリュームがあり、背見出しポケットが付いていて見やすい

ナカバヤシ 名刺バインダー

 

キングジム DNX100 ビズレージ デジタル名刺ボックス:名刺をボタン一つでスキャンから保存まで一貫して行える便利グッズ

キングジムデジタル名刺ボックス

 

コクヨ 名刺ホルダー差替式 30穴500名横入:軽くて丈夫な発泡PP表紙を採用し、落としてもとじ具が開きにくいスーパーロック機能が付いている

コクヨ 名刺ホルダー差替式

 

TANOSEE 再生クリアホルダー 名刺ポケット付き:4,500円と料金は少々高いものの、再生マークのついた名刺ポケット付きホルダー

TANOSEE 再生クリアホルダー

 

ナカバヤシ カードホルダー 10ポケット:1シートで20ポケットが付いたバインダーで、Amazonでは約700円と非常に価格が安い

ナカバヤシカードホルダー

 

デジタルの方法に頼らなくても、簡易的なファイルやバインダーがあれば名刺の管理グッズとして使えます。

※名刺の管理をデジタル化する方法はこちら!

名刺の管理をデジタル化する4つのメリットとおすすめの方法を徹底解説!
名刺の管理をデジタル化するに当たり、「名刺の枚数が多くても簡単に管理できる」「名刺を簡単に検索できる」といったメリットがあります。このページでは名刺を管理できるソフトやツールを紹介していますので、選び方で迷っているビジネスマンは参考にしてみてください。

名刺のスキャン機能が備わっていると少々料金は高いのですが、オーソドックスなバインダーやクリアファイルであれば1,000円以下で購入OK!

大手通販サイトのAmazonを使い、名刺管理に役立つバインダーを注文してみてください。

名刺の管理をする際に押さえておくべき3つのポイント!

チェックリスト

名刺管理で押さえておきたい3つのポイント!
  • 名刺を管理して整理するための時間を確保する(僅か数十分程度なので誰でもクリア可能)
  • ファイルやバインダーなど名刺を管理する場所を用意する
  • いつもらったのか明確にするために、名刺へと日付を記入する

相手からもらった名刺を管理するに当たり、上記の3つは事前に押さえておきたいポイントです。

名刺を整理整頓したりメモを書いたりすると、お探しの名刺をパっと見つけることができますよ。

もらった名刺は既に自分の物ですので、ボールペンやシャープペンでメモをしても構いません。

ただし、名刺交換の時に相手の目の前で名刺にメモするのは失礼ですので、オフィスや自宅で余白部分に日付を記入してバインダーの透明なシートに入れて保管してみてください。

※名刺交換のマナーについて知りたい方はこちら!

【名刺交換のマナー!】正しい渡し方や受け取り方、しまうタイミングについて徹底解説!
素敵な名刺を作成していても、名刺交換のマナーを知らなければ意味がありません。正しいやり方で名刺交換するのは社会人の常識ですよね。この記事では名刺交換の正しい渡し方や受け取り方、相手からもらった名刺をしまうタイミングについて詳しく解説していきます。

クオリティの高いデザインの名刺作成ならVistaprint(ビスタプリント)がおすすめ!

Vistaprint(ビスタプリント)

ビジネスで名刺を役立てたいのであれば、名刺の作成と管理の両方に拘らないといけません。

名刺の管理は市販のバインダーやファイルで何とかなりますが、作成の方法は意外と難しいですよね。

自分の魅力を最大限に伝えられるクオリティの高いデザインの名刺を作成したい方は、ネット通販のVistaprint(ビスタプリント)に依頼してみましょう。

Vistaprint(ビスタプリント)では、「シンプル」「ゴージャス」「可愛い」「スタイリッシュ」など、5,000種類以上のデザインから選んで名刺を作成できます。

どのデザインテンプレートも100枚で1,628円~と格安ですので、Vistaprint(ビスタプリント)でビジネス名刺を作ってみてください。

Vistaprint(ビスタプリント)の公式サイトはこちら

【口コミや評判は?】Vistaprint(ビスタプリント)が詐欺業者なのか徹底解説!
Vistaprint(ビスタプリント)が詐欺業者なのかどうか、この記事では口コミの評判を徹底解説しています。結論から言うと、Vistaprint(ビスタプリント)は信頼できる名刺作成サービス!他のネット印刷と何が違うのか見ていきましょう。

まとめ

バインダーを使って名刺を管理するメリットについておわかり頂けましたか?

あらかじめバインダーで名刺を分類しておけば、必要な時にサっと取り出して連絡を取り合うことができますよ。

ネット通販では1,000円以下の価格でバインダーを購入できますので、こちらのページで紹介している商品を選んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました