エンジニアやプログラマーの名刺を作成する4つのコツとおすすめの印刷会社3選!

エンジニアとは何をする人なのか簡単に解説!

エンジニアやプログラマー

エンジニアとは工学者や技術者のことを指し、システムの設計やプログラミングなど様々な業務を行います。

中でもコンピュータのプログラムを作成する人はプログラマーと呼ぶのが一般的ですね。

まず最初に、エンジニアの種類について簡単に見ていきましょう。

※横にスクロールできます。

エンジニアの種類
システムエンジニア ITシステムの設計や構築を担当する
データベースエンジニア コンピュータシステムの司書に当たる人
ネットワークエンジニア パソコンの情報通信網を維持する
セールスエンジニア 顧客と開発の橋渡しの役割を持つ
フロントエンドエンジニア 特殊な技術を活かしてWebサイトを作る
セキュリティエンジニア パソコンの情報漏えいを防止する

現在では会社に属するのではなく、独り立ちするフリーランスエンジニアも増えました。

インターネットやITが欠かせない現代において、エンジニアは縁の下の力持ちと言っても過言ではありません。

エンジニアやプログラマーが名刺を作成すべき3つの理由!

エンジニアやプログラマーが名刺を作成すべき3つの理由!
  • 自分がどのようなプログラミングスキルを持っているのかアピールできる
  • フリーランスとして働いている方は仕事の獲得に繋がる
  • 名刺を持っていないだけで社会人として不適切だと思われやすい

エンジニアやプログラマーは、上記の3つの理由で名刺を作成する必要があります。

会社勤めの方もフリーランスとして働いている方も、名刺が重要なアイテムという点では一緒です。

名刺がなければ自分に何ができるのか、どんなスキルがあるのか伝えることができません。

Twitterの口コミを見てみると、エンジニア同士の交流会や勉強会で人脈を広げる目的で名刺を作成している人が多いことがわかります。

フリーランスエンジニアは特に自分で仕事を獲得しないと食べていけないので、忘れずに名刺を作成しましょう。

※フリーランスや個人事業主の名刺を作成するコツはこちら!

【10社徹底比較!】個人事業主やフリーランスの名刺作成におすすめの印刷会社5選!
個人事業主やフリーランスには営業ツールの名刺が欠かせません。この記事では、個人事業主やフリーランスの名刺を作成するコツやおすすめの印刷会社についてまとめました。どんな名刺を仕事で使えば良いのか悩んでいる方は要チェックです。

エンジニアやプログラマーの名刺作成におすすめの印刷会社3選!

※横にスクロールできます。

印刷会社 エンジニア向け名刺 名刺の印刷料金 印刷用紙の種類 デザインの種類 総合評価
Vistaprint(ビスタプリント) 100枚で980円~ 4種類 ★★★★★ ★★★★★
Zazzle(ザズル) 100枚で3,000円~ 10種類以上 ★★★★☆ ★★★★☆
PROCA(プロカ) 50枚で1,500円~ 1種類 ★★☆☆☆ ★★★☆☆

上記の3つは、エンジニアやプログラマーの名刺作成におすすめの印刷会社です。

Webデザインのスキルを持つフリーランスエンジニアの中には、自分で名刺のデータを作っている方がいます。

Illustrator(イラストレーター)やPhotoshop(フォトショップ)を使いこなせるのであれば自分で作成しても良いのですが、印刷は自宅のプリンタやコンビニのマルチコピー機ではなく印刷会社への依頼がおすすめ!

※コンビニで名刺を作成する方法は下記のページで解説しています。

コンビニで名刺を作成する手順を徹底解説!セブンイレブンやファミリーマートで印刷できる?
名刺の作成はコンビニ印刷よりもネット印刷のVistaprint(ビスタプリント)がおすすめ! インクジェットプリンタをお持ちでない方でも、コンビニのマルチコピー機で名刺の作成や印刷ができます。 しかし、高品質な名刺を作成した...

印刷会社の選び方で迷っているエンジニアやプログラマーは是非一度参考にしてみてください。

1位:Vistaprint(ビスタプリント)

Vistaprint(ビスタプリント)

Vistaprint(ビスタプリント)の基本情報
サービス名 Vistaprint(ビスタプリント)
運営会社 シンプレスジャパン株式会社
本社の住所 東京都千代田区麹町6-6 東急四谷ビル 5F
エンジニア名刺
名刺デザインの編集
名刺のデータ入稿
名刺の印刷料金 100枚で980円~、200枚で1,480円~
印刷用紙の種類 4種類
デザインの種類 ★★★★★
総合評価 ★★★★★

Vistaprint(ビスタプリント)は、オンライン上で自由に編集して名刺を作成できるネット印刷サービスです。

他の印刷会社とは違い、Vistaprint(ビスタプリント)は5,000種類以上と名刺のデザインテンプレートの数が豊富!

公式サイトで検索してみると、エンジニアやプログラマー向けのデザインもたくさんありました。

 

デスクトップのパソコンのイラストが入ったデザインの名刺

エンジニア名刺

 

小さなブロックが集まった画像が入ったデザインの名刺

エンジニア名刺

 

シンプルながらもワンポイントのアクセントのある名刺

エンジニア名刺

 

Vistaprint(ビスタプリント)の公式サイトで好きなデザインを選び、文字情報を入力して名刺を作成する形になります。

フリーランスのエンジニアやプログラマーの方は、Vistaprint(ビスタプリント)でビジネスで使う大事な名刺を作ってみてください。

Vistaprint(ビスタプリント)の公式サイトはこちら

【口コミや評判は?】Vistaprint(ビスタプリント)が詐欺業者なのか徹底解説!
Vistaprint(ビスタプリント)が詐欺業者なのかどうか、この記事では口コミの評判を徹底解説しています。結論から言うと、Vistaprint(ビスタプリント)は信頼できる名刺作成サービス!他のネット印刷と何が違うのか見ていきましょう。

2位:Zazzle(ザズル)

Zazzle(ザズル)

Zazzle(ザズル)の基本情報
サービス名 Zazzle(ザズル)
運営会社 Zazzle.com, Inc.
本社の住所 1900 Seaport Blvd. Redwood City, CA 94063
エンジニア名刺
名刺デザインの編集
名刺のデータ入稿
名刺の印刷料金 100枚で3,000円~(デザインで異なる)
印刷用紙の種類 10種類以上
デザインの種類 ★★★☆☆
総合評価 ★★★☆☆

Zazzle(ザズル)は、自分でカスタマイズして名刺を作成できる海外発祥のサービスです。

Zazzle(ザズル)では、下記のようにエンジニアやプログラマーにピッタリと合うデザインの名刺を作成できますよ。

 

コンピュータ・プログラムコードインターネット名刺

エンジニア名刺

 

プログラマーシンプルでエレガントな名刺

エンジニア名刺

 

サイバーの技術の芸術のテンプレート名刺

エンジニア名刺

 

青いデジタルハイテクな名刺

エンジニア名刺

 

日本の印刷会社では作成できないようなオシャレなデザインの名刺も豊富です。

デザインによって名刺の印刷料金が変わりますので、Zazzle(ザズル)で技術者の自分に合うテンプレートを探してみましょう。

参考 Zazzle(ザズル)の公式サイトはこちら

【口コミや評判は?】Zazzle(ザズル)で名刺を作成する6つのメリットと作り方の流れを全解説!
Zazzle(ザズル)は海外の会社が運営している名刺作成サービス!豊富なテンプレートから好きなデザインを選び、ビジネス名刺や趣味名刺を手に入れることができます。Zazzle(ザズル)で名刺を作成するメリットや口コミの評判は、こちらのページをご覧になってください。

3位:PROCA(プロカ)

PROCA(プロカ)

PROCA(プロカ)の基本情報
サービス名 PROCA(プロカ)
運営会社 HOTARU株式会社
本社の住所 大阪市住之江区浜口西1丁目13番3号
エンジニア名刺
名刺デザインの編集
名刺のデータ入稿
名刺の印刷料金 50枚で1,500円~
印刷用紙の種類 1種類
デザインの種類 ★★☆☆☆
総合評価 ★★★☆☆

PROCA(プロカ)は、パソコンやスマートフォンで簡単に名刺を作成できるサービス!

50枚1,500円~で名刺を注文できますので、「100枚も要らない」という方にPROCA(プロカ)は向いていますね。

※少量の名刺を作成できるサービスはこちら!

少量(10枚・20枚)の名刺を作成できるおすすめの印刷会社4選!
印刷会社の中には、10枚や20枚など少量の名刺を作成できるところがあります。100枚単位で注文しなくても良いので、お試しで名刺を作成したい時にもおすすめ!この記事では少量の名刺作成に対応している印刷会社4社を紹介しています。

ミニサイズの名刺を作成したい方は、PROCA(プロカ)に依頼してみましょう。

次のデザインを中心に、エンジニアやプログラマーとしての自分をアピールできる名刺を手に入れることができます。

爽やかな白シャツが似合うプログラマー向け名刺

爽やかな白シャツが似合うプログラマー向け名刺

SNSで使っているアイコンを入れたり裏面にQRコードを挿入したりとアレンジできますので、詳細はPROCA(プロカ)の公式サイトで確かめてみてください。

参考 PROCA(プロカ)の公式サイトはこちら

エンジニアやプログラマーの名刺を作成する4つのコツを徹底解説!

エンジニアやプログラマーの魅力を最大限に伝えるには、上記の4つのコツを押さえて名刺を作成すべきですね。

「どうやって名刺を作れば良いの?」と迷っている技術者は、こちらのページを参考にしてみてください。

1:何のために名刺を作成するのかゴールを設定する!

ゴールの設定

エンジニアやプログラマーは、何のために名刺を作成するのか最初にゴールを設定しないといけません。

エンジニアに焦点を当ててみると、働く場所によって次の違いあり!

※横にスクロールできます。

会社に属しているエンジニアとフリーランスエンジニアの違い
会社に属しているエンジニアの名刺 会社名や役職が分かれば基本的にOK
フリーランスエンジニアの名刺 あなた自身を売り込んでいく必要がある

「名刺を相手に渡すことで相手にどうして欲しいのか?」といった目標を決めた後に、名刺の内容やデザインを考えます。

「今までの経験や実績を見て欲しい」「ホームページを閲覧して欲しい」「自分の業務内容を知ってもらいたい」など個人によって目指すゴールは異なりますので、名刺が持つ役割をしっかりと考えましょう。

2:名前や肩書きなど名刺の中に入れる項目を決める!

※横にスクロールできます。

エンジニアやプログラマーの名刺に盛り込む情報
名前(ふりがな) ペンネームで通している人は多いが基本的には本名
肩書き 個人事業主はフリーランスwebデザイナーなど強調する
連絡先 電話番号やメールアドレスなどは必須の情報
住所 オフィスを持たない方は必ずしも自宅の住所は必須ではない
ホームページURL 自分のサイトやブログを持っているエンジニアは記載する
SNS 必要に応じてFacebookやTwitterのアカウントを記載する
経歴 自分を売り込むための経歴や実績などのプロフィール

エンジニアやプログラマーに限った話ではないものの、名前や肩書きなど名刺の中に記載する項目を考えるのは重要です。

上記の表を見ればわかる通り、ホームページURLや今までの経歴を加えて名刺を作成するのはコツの一つ!

自分がどのようなエンジニアやプログラマーなのか、名刺の中で詳しくアピールしないといけません。

しかし、名刺の中に入れる情報が多ければ多いほど良いわけではなく、何が必要で何が不要なのか取捨選択をするのがポイントです。

あまりにもギュウギュウに文字を詰め込んで余白が少なくなると、見づらい名刺になりますので注意しましょう。

※名刺を作成する際に余白を設けた方が良い理由はこちら!

【見やすさ重視!】名刺の作成で余白を設けるべき3つの理由を徹底解説!
名刺の見やすさや読みやすさを重視するのであれば、適度に余白を設けないといけません。文字と文字の間に余白があれば、スッキリとしたデザインに仕上げられます。名刺の作成方法で悩んでいる方は、こちらのページを参考にしてみてください。

3:技術者に合うデザインテンプレートを使う!

名刺のデザイン

項目のピックアップが決まったら、全体的な名刺のデザインを考えます。

名刺のデザインで迷っているエンジニアやプログラマーは意外と多いものです。

「エンジニアやプログラマーには○○○のデザインが良い!」と明確な基準はありません。

しかし、なるべく技術者に合うデザインテンプレートを使って名刺を作成するのがポイントですね。

もちろん、下記のように自分のイメージと照らし合わせて名刺のデザインを決めるのもOK!

  • シンプルなデザインで誠実感を出したい
  • ゴージャスなデザインでインパクトを与えたい
  • モノクロのデザインで当たり障りのない印象を与えたい

エンジニアやプログラマーの名刺のデザインは、「そこまで派手過ぎないもの」「シンプルながらもスッキリしたもの」「相手が見て違和感のないもの」と3つに拘っていれば失敗することはありません。

※シンプルなデザインの名刺を作成するメリットはこちら!

【10社徹底比較!】モノクロのシンプルなデザインの名刺作成におすすめの印刷会社4選!
お堅い職業の方にはモノクロのシンプルなデザインの名刺が向いています。このページでは、シンプルなデザインの名刺を作成できる印刷会社についてまとめました。ネット印刷なら簡単に名刺を作れますので、サービス選びで迷っている方は参考にしてみてください。

4:自分をアピールできる資格の情報を裏面に記載する!

※横にスクロールできます。

エンジニアやプログラマーと関係のある資格
基本情報技術者試験 IT業界に関わる全ての業種の人が登竜門として目指す資格
応用情報技術者試験 基本情報技術者試験よりもレベルアップしたい人向けの資格
情報セキュリティスペシャリスト試験 サイバーセキュリティの知識や技術を証明する資格
Cisco系資格(シスコ技術者認定資格) ネットワークエンジニアに必要なスキルを証明する資格
オラクル系資格(ORACLE MASTER) Oracle Databaseシリーズを扱う技術力を証明する資格
マイクロソフト認定プロフェッショナル ExcelWordを提供するマイクロソフト社実施のベンダー試験

名前や連絡先だけが記載された名刺では、自分に何ができるのか相手に伝えることができません。

そこで、エンジニアやプログラマーとして売り込むために、自分が持っている上記の資格を名刺の中に記載して作成するのがコツですよ。

名刺の中に資格の種類と簡単な説明を加えていれば、エンジニアとして何ができるのか明確に伝えられます。

しかし、名刺の表面に自分が取得した名刺と説明をズラズラと並べていると見にくくなる恐れあり…。

文字が詰まった名刺は何を伝えたいのかわかりづらくなりますので、裏面を有効活用した両面の名刺を作成してみてください。

※両面の名刺を作成するメリットはこちら!

【10社徹底比較!】裏面を使った両面の名刺作成におすすめの印刷会社4選!
名刺は表面と裏面の両方を使えます。この記事では両面の名刺を作成するメリットやおすすめの印刷会社についてまとめました。名刺の中に記載する情報量を増やしたい方は、裏面のスペースを有効活用してみてください。

まとめ

エンジニアやプログラマーが名刺を持つデメリットは特にありません。

自分にどのようなスキルがあるのかアピールしたり、人脈を広げたりするに当たって名刺は欠かせないアイテムですよ。

フリーランスエンジニアは自分から積極的に動いて仕事や案件を獲得する必要がありますので、こちらのページで紹介している印刷会社で名刺を作成してみてください。

タイトルとURLをコピーしました