名刺の作成と上質紙

名刺を作成するに当たり、様々な業者で使われている用紙の一つが上質紙で、一度は聞いたことがあるかもしれません。

名刺の作成だけではなく、シールやステッカーの印刷としても幅広く使われており、チラシやポスターとしても欠かせない存在となっております。

コート紙が光沢のある用紙、マットコート紙がマットな用紙とするならば、上質紙は普通の紙素材で、表面や裏面にコーティングがされていないパルプ100%の用紙です。

光沢があるわけでもマットな感じでもなく、至って普通な紙素材が上質紙で、オフセット印刷はもちろんのこと、インクジェットプリンタやレーザープリンタなど、どの印刷機にも適しております。

「一般的な用紙で名刺を作成したい」「落ち着いたデザインにしたい」「手書きで文字を書き込みたい」という方に上質紙は最適で、どの業者でも採用されているはずです。

量販店や通販でも上質紙は販売されているため、プリンタを使って自宅で名刺を作成したい方にも適しているのではないでしょうか。

白色度が高く平滑性が良いという特徴もありますし、ほとんどの印刷製品として使われているのです。

当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)でもノーマルなこの用紙が使われており、「ホワイト・マット」や「オフ・ホワイト・マット」など幾つかの種類に分かれております。

どの用紙を使って名刺を注文しても高品質という点では変わりありませんし、両面光沢仕上げで綺麗な仕上がりにすることもできるのでVistaprint(ビスタプリント)を利用してみてください。
 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 
さて、名刺の作成として使われる上質紙と一口に言っても、用紙の種類によって厚みは異なります。

エーワンやエレコムといったメーカーでは幾つもの種類の上質紙が販売されており、厚口タイプや薄口タイプなど個人の好みに合わせて変えられるのです。

あまりにも薄すぎる用紙は名刺の作成として適していないものの、厚みが違うだけで名刺を貰った時の印象は大きく変わります。

「薄い名刺はかさばらない」「厚い名刺は折れ曲がりにくく耐久性が高い」というメリットがあり、デザインに合わせて決めるのが良いかもしれません。

自宅で名刺を作成する場合に限らず、業者を利用する場合も用紙の厚みを選択できるかもしれないので、気に入った業者のカスタマーサポートなどに問い合わせてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました