デザインのコンセプトを考えて名刺を作成しよう

名刺はデザインのコンセプトを考えて作成すべき!

名刺のデザインではコンセプトを考えよう

名刺はビジネスやプライベートなど、様々なシチュエーションで役立つツールです。

「名刺は営業マンやサラリーマンが持つアイテムなのでは?」とイメージしている方はいますが、現在では趣味の名刺を持ち歩いている人もいますよ。

そこで、名刺のデザインを考えるに当たって単純にインパクトを与えるだけではなく、自分なりにコンセプトを考えないといけません。

表現インパクトや表現アイデアを可能な限り取り込み、コンセプトを元に作成することでビジネスで使える魅力的な名刺が完成します。

名刺が文字通り人と人とが繋がるきっかけになるようなデザインを心掛けることが重要なのです。

このページでは、名刺を作成するに当たって押さえておきたいデザインのコンセプトについて詳しくまとめてみました。

 

まずは自己ヒアリングで名刺の大枠を決める

ヒアリング

まず最初に名刺の大枠を決めるために、自己ヒアリングしてキーワードを引き出しましょう。

  • どんな雰囲気の名刺にしたい?⇒シンプルに洗練された印象
  • 色やカラーはどうする?⇒あまり色を使わない
  • どんな用紙で印刷する?⇒手触りが感じられる用紙が良い
  • 何を重要視する?⇒デザインのかっこよさやインパクトの強さ
  • 相手にどんな反応を期待する?⇒自分の職業が伝わるように

 

上記のように自問自答してみると、名刺のデザインのコンセプトが何となくわかってきますね。

大体の大枠が決まった後に、細かい部分に焦点を当てて名刺を作成していけば良いのです。

 

全体的な色やカラーを決める

名刺のカラー

簡単に説明すると、コンセプトとは企画や広告において統一的な考え方や視点のことで、それに沿う形でデザインを決めていくと理想の名刺を作成できます。

例えば、信頼感のある名刺を作成したいのであれば青系のデザインを中心に作り、相手に与える癒しを最も重要視したいのであれば、緑系のデザインでまとめるのが良いでしょう。

名刺の全体的な色やカラーによって、次のように相手が受ける印象は大きく変わります。

  • 青色は集中力を高めたり鎮静化させたりする
  • 緑色は心と身体を癒したり穏やかな気持ちを与えたりする
  • 赤色はアドレナリンを分泌させたりアクティブなイメージを与えたりする
  • 黄色は注意喚起したり元気を与えたりする

 

どのカラーにも持っているイメージが違いますので、名刺を作成する際のヒントになり得るのです。

シンプルなデザインは焦点がはっきりとして意図が相手に伝わりやすいものの、白黒が中心のモノクロの名刺では少々インパクトに欠けます。

自分で考えたコンセプトを元にして名刺を作成したとしても、相手に「おっ」と思わせることはできませんので、自分の職業やイメージに合わせて名刺全体の色やカラーを決めましょう。

 

単純にカラフルにすれば良いわけではない

カラフル

名刺の色やカラーのコンセプトを決めるのは大事ですが、ただカラフルにして見栄えを良くすればOKといった単純な話ではありません。

コンセプトに反して無理矢理カラフルにしても相手に良い印象を与えることはできませんし、公務員などお堅い職業の人がピンクや黄色のデザインを使っていると違和感が残ります。

会社や商品のイメージを彷彿とさせるようなデザインに仕上げるのが名刺作成のコツですので、まずはどのような名刺が自分や会社に合っているのか考えてみるのが良いでしょう。

ネット通販のサービスのVistaprint(ビスタプリント)はたくさんのデザインのテンプレートが用意されていますので、自分のコンセプトに沿った名刺を作成できますよ。

どのデザインで名刺を作成しても100枚で980円という価格も非常に魅力的ですので、是非一度Vistaprint(ビスタプリント)を利用してみてください。

 

check-s011

Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

名刺を渡される相手の視点に立ってデザインを決める

名刺交換

デザイン的に素晴らしい名刺だとしても、自分の会社や商品のコンセプトを明確に捉えられていないようであれば、クライアントの意に沿う形にならないのでイメージアップには繋がりません。

名刺交換の際に少しでもインパクトを与え、自分を表現することが名刺の作成で大事なポイントですので、下記のように名刺を渡される相手の視点に立ってデザインを決めると成功しやすくなります。

  • どのような名刺を貰ったら嬉しいのだろうか?
  • どのような名刺を貰ったら印象が強くなるのか?
  • どんなデザインに仕上げれば相手は「おっ」と思うのか?

 

「自分が○○○の名刺を相手からもらったらどうか?」と考えると、結果的にビジネスが良い方向に進んでいきます。

もちろん、この点に関しては全体的な名刺のデザインやコンセプトはもちろんのこと、中に記載する内容や項目も一緒です。

名刺の中に必要のない情報を載せていても役立つことは絶対にありませんし、何を入れた方が良くて何を切り捨てるべきなのか情報の取捨選択が欠かせません。

業者に依頼するにしろ自宅でソフトを使って作成するにしろ、名刺の中に記載する情報を考えた上で作り始めるようにしてください。

 

名刺の文字のフォントにも気を配る

「そこまで細かい部分に拘らなくても良くね?」と思う方はいますが、名刺の文字のフォントにも気を配って作成すべきですね。

名刺のデザインのコンセプトに合うフォントを使って作成すると、少しでも相手に良い印象を与えられます。

以下では、名刺の作成でおすすめのフォントをいくつか挙げてみました。

  • モリサワフォント並みのプロポーションで初心者でも扱いやすい「源ノ明朝」
  • 明朝体と同じようにプロポーションに優れている「源ノ角ゴシック」
  • トッププロのデザイナーも広く使用している「DIN」

 

「名刺は○○○のフォントを使って作成しないといけない」といった決まりは特にありません。

しかし、名刺の見た目のイメージを大きく左右する要素なのは間違いありませんので、たくさんの書体の中から「これだ!」と思えるものを選びましょう。

タイトルとURLをコピーしました