名刺の作成と請求書

印刷通販は基本的に前払いが基本となっており、請求書払いは難しいのではないかと言われておりました。

しかし、近年では請求書払いに対応した名刺作成業者が登場し、クレジットカード決済や銀行振込以外の支払い方法を選択できるようになったのです。

そもそも、請求書払いとは売主からの請求書がきてから買主が代金を支払う後払いのことを指し、審査に通過できるかが大きな問題となります。

とは言え、印刷作成業者の「ラクスル」であれば、98%以上の方が審査に通っており、ほとんどの方が請求書払いを選択できるというわけです。

ただし、個人での申し込みの際は利用できず、法人と個人事業主専用の支払い方法となっているので注意しなければなりません。

個人が「ラクスル」を利用して名刺を作成してもらうのであれば、クレジットカード決済や銀行振込、コンビニ決済の3つの方法から選ばなければならないのです。

有名な印刷通販業者のグラフィックでも請求書払いを申請でき、同じように法人向けの決済サービスとなっております。

そこで、どのような流れで請求書払いを申請すれば良いのか、このページでは詳しく説明しているので利用を考えている方は参照してみてください。

①新規会員様の場合は専用の申請フォームで会員登録を行う
②「請求書払」の申請を行うために、お客様情報や締日をフォームで入力して申し込みボタンを押す
③申し込みが完了した後に会員登録・請求書払申請受付のメールが業者から届けられる
④メールの中に記載されたURLをクリックして本登録へと進む
⑤この時点では請求書払いの登録は完了しておらず、所定の与信審査が24時間以内に行われる
⑥「請求書払」の利用が承認されればその旨がメールで通知される
⑦プルダウンメニューから支払い方法の「請求書払」をクリックする
⑧マイページの左側のメニューで支払い条件の確認などを行う

以上のような流れでグラフィックでは請求書払いで、名刺の作成を依頼することができます。

公式サイトでは、「債務の一部でも履行を遅滞した場合」「取引約定に違反した場合」「債務保全を必要とする相当の事由が生じた場合」は、アカウントが停止となるので注意が必要です。

当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)では、請求書払いはできないものの、他の名刺作成業者よりも非常に安い価格が提供されております。

高品質のプレミアム名刺が100枚で990円という低価格なので、Vistaprint(ビスタプリント)で注文してみてください。
 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

タイトルとURLをコピーしました