タクシーの運転手が名刺を作成する際に押さえておきたいポイント

タクシーの運転手は名刺を作成した方が良いの?

タクシーの運転手は名刺を作成した方が良いの?

タクシー会社に勤めている人の中で、次のような疑問や悩みを抱えている方はいませんか?

  • タクシーの運転手は名刺を作成した方が良いの?
  • タクシーの運転手に名刺は必須のアイテムなの?

 

営業マンや普通のサラリーマンとは違い、タクシーの運転手やタクシードライバーが名刺を作成しておくべきなのか意外と難しいところですよね。

在籍しているタクシー会社によって異なりますので一概には言えないものの、接客業なのには変わりないので名刺を作成しておいた方が良いでしょう。

そもそも、タクシーの運転手に求められる適正を以下ではいくつか挙げてみました。

  • 運転が上手で絶対に事故を起こさない
  • 周囲の状況把握能力が非常に高い
  • 道(地理)に詳しくて記憶力が良い
  • 仕事に対して真面目で愛想が良い
  • 自己管理能力が高い

 

愛想があればあるほど、「またこのタクシーを利用したい」とお客様は考えますし、そんな自分の魅力を伝える名刺を作成しておくのは選択肢の一つです。

単純に指定された場所にお客様を運ぶだけではなく、安全に快適な環境を提供するかどうかも大事なポイントですので、名刺を使って自分がどのようなタクシー運転手なのかアピールしてみてはどうでしょうか。

 

タクシーの運転手が名刺を作成するメリットはこれだ!

会社に内緒で作成するはマズイものの、個人タクシーであれば名刺を作るのか作らないのか全て自分の判断で決められますよ。

そこで、タクシーの運転手が名刺を作成するに当たってどのようなメリットを得られるのか見ていきましょう。

  • 自分の運転技術や実績(ゴールドドライバー)などをアピールできる
  • 電話番号が記載されていれば必要な時にお客様からお呼びがかかる
  • 介護タクシーでは固定客を確保して利益を大きく上げることができる

 

名刺は顧客を増やして売上を増やす際に役立つツールですし、作成や印刷は全く難しくありませんので個人タクシーや介護タクシーの運転手はきちんと用意しておくべきです。

「○○の職業の人は名刺を使ってはいけない」といった決まりは一切なく、自分が何をしているのか明確に伝えられる名刺は様々なシチュエーションで役立ちます。

 

タクシーの運転手が名刺を作成する際に押さえておきたいポイント!

タクシーの運転手が名刺を作成する際に押さえておきたいポイント!

以下ではタクシーの運転手が名刺を作成するに当たり、押さえておきたいポイントをまとめてみました。

名刺は自分のためではなく相手に渡す目的で作成しますので、タクシードライバーもお客さんの立場に立ってデザインや構成を考えるべきです。

1枚の名刺で相手が自分に対して感じる印象は変わりますので、どうすれば自分の魅力を最大限に伝えられるのか見ていきましょう。

 

自分の職業にピッタリのデザインテンプレートを使う

名刺交換

名刺は会社や職業のイメージに合わせたデザインを使わないといけません。

タクシーの運転手とあまり関係のないデザインを使ったり、白黒のモノクロで文字だけにしたりといった名刺ではインパクトが弱いのです。

名刺のテンプレート選びで悩んでいる方は、次の3つのポイントを意識してみましょう。

  • 車やタクシーのイラストや画像が余白に入っている
  • 「TAXI」と中央部分に大きくイラストが入っている
  • 会社のイメージカラーやコーポレートカラーに沿っている

 

自動車やタクシーの画像が入っていれば完璧で、お客様が名刺を見返した時に誰から貰ったのかすぐに把握できます。

元々タクシーと関係のあるデザインが入った名刺のテンプレートを選んだり、自分で画像やイラストを挿入したりするだけですので、名刺の作成方法は決して難しくありません。

 

会社や自分の電話番号を欠かさずに記載する

電話番号

名刺をお客さんに渡して連絡が取れなければ意味がありませんので、電話番号やメールアドレスなどの連絡先は欠かさずに入れるべきです。

  • 会社やオフィスの電話番号
  • 個人の携帯電話番号

 

この2つの情報はタクシーの運転手の名刺には必須情報で、あなたの対応が良ければまた利用したいという人から個人的に電話がかかってきます。

基本的にはタクシー会社に電話するケースが多いものの、念のために自分の携帯電話やスマートフォンの番号も入れておくべきですよ。

 

誠実感を高めるために顔写真を余白に入れる

誠実感を高めたいのであれば、名刺の余白部分に顔写真を入れましょう。

タクシーに乗った際に、運転手だと証明する顔写真や名前の入ったカードのようなものが車内に設置されているのを目撃した人は多いと思います。

このカードと同じように、名刺の中にも顔写真や似顔絵を入れて作成すると、「この人か~」と相手は思い出してくれるわけです。

白黒の文字だけの名刺と比較してみると、タクシー運転手が顔写真入りの名刺を持つことで次の3つのメリットがあります。

  • どんな人が運転をしてくれたのかお客様は顔を覚えてくれる
  • 文字だけのモノクロ名刺よりも遥かにインパクトが強くなる
  • 「この人は信頼できそう」「この人なら安心して任せられる」という印象を与えられる

 

もちろん、自分の顔が映っている顔写真であれば何でも良いわけではなく、「暗い」「笑っていない」「汚い」といった写真はできる限り避けてください。

 

タクシードライバーの名刺作成でおすすめのサービス!

自分をしっかりと表現できる名刺が欲しいのであれば、自力で作成するのではなく専門の印刷会社やサービスを利用すべきです。

このページでは、タクシードライバーの名刺作成でおすすめのサービスをいくつか紹介していきます。

印刷会社によって名刺1枚の料金や用意されているテンプレートに違いがありますので、選び方の参考にしてみましょう。

 

Vistaprint(ビスタプリント)

ビスタプリント

Vistaprint(ビスタプリント)では、5,000種類を超えるデザインテンプレートから自由に選んで相手に強く印象を残す名刺を作成できます。

タクシードライバーの名刺作成にピッタリのデザインも、Vistaprint(ビスタプリント)では下記のようにたくさん用意されていました。

 

タクシー名刺

 

タクシー名刺2

 

タクシー名刺3

 

全てのテンプレートが100枚で980円と格安ですので、是非一度Vistaprint(ビスタプリント)でタクシードライバーの名刺を作ってみてください。

 

check-s011

Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

Zazzle(ザズル)

ZAZZLE

Zazzle(ザズル)は、Vistaprint(ビスタプリント)と同じネット通販の名刺作成サービスです。

あらゆる職業の名刺作成にZazzle(ザズル)はピッタリで、次のようにタクシーの運転手に向いているデザインもたくさんあります。

  • モダンでシンプルで明るく黄色く黒い名刺
  • ロイヤルブルーQRコード運転者の名刺
  • 黒いラベルQRコード運転者の名刺

 

選択するデザインによって名刺1枚当たりの料金が変わるのは、Zazzle(ザズル)の珍しい特徴ですね。

タイトルとURLをコピーしました