【8社徹底比較!】選挙用の名刺作成におすすめの印刷会社3選!

選挙用の名刺を作成できる印刷会社8社を徹底比較!

選挙活動

※横にスクロールできます。

印刷会社 選挙用の名刺 名刺の印刷料金 印刷用紙の種類 デザインの種類 総合評価
選挙グラフィック 100枚で1,628円~ 数種類程度 ★★★☆☆ ★★★★★
マツオ印刷株式会社 1,000枚で14,720円~ 5種類 ★★☆☆☆ ★★★★☆
Vistaprint(ビスタプリント) 100枚で1,628円~ 4種類 ★★★★★ ★★★★☆
選挙ポスター専門店 100枚で6,500円~ 5種類 ★★☆☆☆ ★★★☆☆
選挙用品ドットコム 100枚で5,880円~ 数種類程度 ★★☆☆☆ ★★★☆☆
有限会社吉川印刷 500枚で13,550円~ 数種類程度 ★★☆☆☆ ★★☆☆☆
名刺良品 100枚で1,000円~ 80種類以上 ★★☆☆☆ ★☆☆☆☆
華陽印刷株式会社 見積もり依頼 不明 ★☆☆☆☆ ★☆☆☆☆

上記では、選挙用の名刺を作成できる印刷会社8社を印刷料金やデザインの種類で比較しました。

プロの印刷会社に依頼すれば、自分の魅力を最大限にアピールできる選挙用の名刺を作れますよ。

そもそも、「政治活動で名刺は必要なの?」「選挙活動で名刺を配っても良いの?」と疑問を抱えている方はいませんか?

選挙を勝ち抜くに当たり、街中に貼るポスターに加えて名刺も欠かせないアイテムの一つ!

初めて会った人に自分をアピールする武器として、91㎜×55㎜のサイズの名刺は大いに役立ちます。

※名刺のサイズやピクセルについて知りたい方はこちら!

名刺の作成でサイズやピクセルはどうする?規格外サイズで作れる印刷会社3選!
名刺のサイズは「○○㎜×○○㎜で作成しないといけない」といった決まりはありません。日本のビジネスでは91㎜×55㎜が一般的ですが、小さな名刺や大きな名刺を使うこともできますよ。この記事では規格外サイズで名刺を作れる印刷会社についてまとめました。

選挙用の名刺やポスターの仕上がりで当選するのかどうか決まることもありますので、今までに確かな実績のある印刷会社にお願いしましょう。

選挙用の名刺作成におすすめの印刷会社3選!

選挙用の名刺作成におすすめの印刷会社3選!

選挙用の名刺の作成を考えている政治家には上記の3つの印刷会社がおすすめ!

掲げている政策のPRをしっかりと行い、自分の顔と名前を覚えてもらえる名刺を簡単に作れます。

「どの印刷会社で選挙用の名刺を作成するのが良いの?」と悩んでいる方は、こちらのページを参考にしてみてください。

1位:選挙グラフィック

選挙グラフィック

選挙グラフィックの基本情報
サービス名 選挙グラフィック
運営会社 株式会社 プットアップ・スタイル
本社の住所 京都府城陽市平川横道8-19
選挙用の名刺
名刺デザインの編集
名刺のデータ入稿
名刺の印刷料金 100枚で1,628円~
印刷用紙の種類 数種類程度
デザインの種類 ★★★☆☆
総合評価 ★★★★★

選挙グラフィックは、選挙用の名刺やポスター、リーフレットや看板を作成できるサービスです。

今までに7,000件近くの制作実績がありますので、選挙グラフィックは十分すぎるほど信頼できますね。

選挙グラフィックの名刺は91㎜×55㎜のサイズで、片面カラー100枚で1,628円と格安!

高精細のオフセット印刷で仕上げてくれますので、見た目のクオリティも申し分ありません。

以下では、選挙グラフィックで名刺を注文してからお届けまでの流れをまとめてみました。

  1. 「信頼感」「力強さ」「爽やか」など希望のデザインイメージを伝える
  2. メールでのデータ送信や店舗への郵送で顔写真を提供する
  3. 資料が到着してから1週間程度で名刺のデザイン案を作成する
  4. 修正や変更を行い、デザインが決定した後に印刷工程に入る
  5. 校了してから約10日程度で選挙用の名刺が発送される

一人ひとりに合うオリジナルデザインで名刺を作成できますので、他の人と被る心配はありません。

※オーダーメイドでオリジナル名刺を作成するメリットはこちら!

オーダーメイドでオリジナル名刺を作成する3つのメリットとおすすめの印刷会社3選!
印刷会社の中には、オーダーメイドでオリジナル名刺を作成できるところがあります。他者と被らないデザインで名刺を作成したい人におすすめ!オーダーメイドで名刺を作成できる印刷会社は限られていますので、こちらのページを参考にしてみてください。

料金の安さと印刷のクオリティの高さで印刷会社を選びたい方は、選挙グラフィックに選挙用の名刺作成を依頼してみてください。

参考 選挙グラフィックの公式サイトはこちら

2位:マツオ印刷株式会社

マツオ印刷株式会社

マツオ印刷株式会社の基本情報
サービス名 マツオ印刷株式会社
運営会社 マツオ印刷株式会社
本社の住所 福岡県嘉麻市上山田407番地
選挙用の名刺
名刺デザインの編集
名刺のデータ入稿
名刺の印刷料金 1,000枚で14,720円~
印刷用紙の種類 5種類
デザインの種類 ★★☆☆☆
総合評価 ★★★★☆

マツオ印刷株式会社は、300線高精細印刷で選挙用の名刺を作成できる福岡県嘉麻市の印刷会社です。

平成23年にハイデルベルグ社製のスープラセッターを導入し、175線の印刷からハイブリッドの300線高精細印刷に変わりました。

マツオ印刷株式会社の選挙用名刺の作成に関する詳細は下記の通りです。

※横にスクロールできます。

マツオ印刷株式会社の選挙用名刺の作成
名刺の印刷料金 片面フルカラー1,000枚で14,720円~、両面フルカラー1,000枚で22,750円~
名刺の印刷用紙 光沢感のあるアートポストと、しっとりとしたマットポストの2種類
デザインの制作 担当のデザイナーからデザイン案の提案(プリンター校正は1回無料)

お客様の希望やデザインを十分にヒアリングした上で、選挙用名刺の制作に取り掛かってくれますよ。

マツオ印刷株式会社の選挙用の名刺

マツオ印刷株式会社の選挙用の名刺

発送対応日も2営業日~3営業日と短納期ですので、お急ぎの方はマツオ印刷株式会社で注文してみましょう。

参考 マツオ印刷株式会社の公式サイトはこちら

3位:Vistaprint(ビスタプリント)

Vistaprint(ビスタプリント)

Vistaprint(ビスタプリント)の基本情報
サービス名 Vistaprint(ビスタプリント)
運営会社 シンプレスジャパン株式会社
本社の住所 東京都千代田区麹町6-6 東急四谷ビル 5F
選挙用の名刺
名刺デザインの編集
名刺のデータ入稿
名刺の印刷料金 100枚で1,628円~、200枚で2,143円~
印刷用紙の種類 4種類
デザインの種類 ★★★★★
総合評価 ★★★★☆

Vistaprint(ビスタプリント)は、選挙用の名刺を作成できる専門の印刷会社ではありません。

しかし、次の3つの理由でVistaprint(ビスタプリント)は選挙をまじかに控える政治家や議員の名刺作成におすすめです。

  • 5,000種類を超えるテンプレートから自分に合うデザインを選べる
  • 100枚のフルカラー印刷の名刺が送料無料の1,628円~と料金が圧倒的に安い
  • 文字やデザインを厚盛りするDECO名刺で相手の記憶に残せる

印刷料金の安さとデザインのクオリティの両方に拘っていますね。

ネット印刷サービスで選挙用の名刺を作成しようと考えている方は、Vistaprint(ビスタプリント)を選んでみてください。

Vistaprint(ビスタプリント)の公式サイトはこちら

【口コミや評判は?】Vistaprint(ビスタプリント)が詐欺業者なのか徹底解説!
Vistaprint(ビスタプリント)が詐欺業者なのかどうか、この記事では口コミの評判を徹底解説しています。結論から言うと、Vistaprint(ビスタプリント)は信頼できる名刺作成サービス!他のネット印刷と何が違うのか見ていきましょう。

選挙用の名刺を作成する4つのコツを徹底解説!

選挙用の名刺を作成するに当たり、上記の4つは事前に押さえておきたいコツです。

選挙で勝つための事前準備となる政治活動用の名刺は、細かい部分にも拘って仕上げないといけません。

名刺やポスターなどの印刷物で自分のイメージは変わりますので、どうやって作れば良いのか迷っている政治家はこちらのページを参考にしてみましょう。

1:名刺の中に記載する項目や情報を考える!

選挙用の名刺に載せる内容
自分の名前 念のためにふりがなを付けておくと良い
経歴やプロフィール 選挙の前までに何をしていたのか記載する
政策 裏面を使って短く簡潔に書いておくのがメジャー
キャッチコピー 表面の一番目立つ場所に特徴的な書体で記載する
連絡先 事務所の住所や電話番号、メールアドレスやFAX番号など
メモ欄 名刺の裏面に小さなスペースでメモ欄を作ると親切

選挙用の名刺を作成する際は、まず最初に記載する項目や情報を考えましょう。

上記の表を見ればわかる通り、選挙用の名刺には「経歴やプロフィール」「政策」「キャッチコピー」を忘れずに記載する必要がありますよ。

名前や連絡先などのありきたりな項目だけではなく、自分をアピールできる情報を盛り込むのがポイントです。

2:爽やかな印象を与えるデザインテンプレートを使う!

クリアなデザインの名刺

選挙活動で当選するには、人々から信頼されないといけません。

そこで、選挙用の名刺は爽やかな印象を与えられるデザインテンプレートを使うのがコツです。

選挙活動を行う人が次のデザインで名刺を作成していると、イメージや印象が悪くなる恐れあり…。

  • ブラックがメインの色で全体的に暗いイメージ
  • 茶色のデザインで汚らしい印象を与えている
  • 灰色のテンプレートで曇った感じのデザインになっている

名刺を渡した人に良いイメージを与えるには、水色やグリーンなどクリアなカラーをベースにしたデザインがおすすめですね。

選挙用のポスターと連動させた感じのデザインテンプレートを使って名刺を作るのも良いでしょう。

3:自分の顔写真を余白に挿入してアピールする!

選挙用の顔写真名刺

選挙用の名刺を作成するに当たって自分の顔写真は必須です。

選挙用のポスターと同じように、名刺の中にも余白部分に顔写真を挿入すればしっかりとアピールできます。

顔写真入りの名刺は、「顔と名前を覚えてもらえる可能性が非常に高い」「相手に強く印象付けられる効果的なアイテムになる」などのメリットあり!

※顔写真入りの名刺を作成できる印刷会社は下記のページで紹介しています。

【8社徹底比較!】顔写真入り・似顔絵入りの名刺作成におすすめの印刷会社4選!
名刺交換で自分の顔を覚えてもらいたいのであれば、顔写真入り名刺や似顔絵入り名刺の作成がおすすめ!文字情報だけの名刺と比べて見た目のインパクト抜群です。この記事では、顔写真入り・似顔絵入りの名刺作成におすすめの印刷会社を4つ紹介しています。

しかし、選挙用の名刺に挿入する顔写真は何でも良いわけではなく、次の3点を意識してイメージアップを図るべきです。

  • 暗いイメージではなく明るくなるような写真
  • 誠実さが伝わるような笑顔の写真
  • 見た人を安心させられるような写真

間違ってもスマホで撮影するのではなく、プロのカメラマンに依頼して素敵な顔写真を作成してみてください。

4:大ロットの印刷に対応している印刷会社に依頼する!

選挙で必要な獲得票数 名刺の印刷枚数の目安
1,000票の場合 2,500枚の印刷
2,000票の場合 5,000枚の印刷
3,000票の場合 7,500枚の印刷

選挙用の名刺を印刷するに当たり、選挙で必要な獲得票数から逆算するのがコツです。

選挙活動では大勢の人に名刺を配りますので、当選ラインに必要な票数の2.5倍程度が目安になりますよ。

これだけの枚数の名刺をオフィスのインクジェットプリンタで印刷するのは現実的ではありませんので、大ロットの印刷に対応している印刷会社に依頼しましょう。

専門の印刷会社にお願いすれば、名刺を印刷したりカットしたりといった手間は一切ありません。

選挙用の名刺を配るのは違反なの?

違反

政治家や議員が選挙用の名刺を作成し、誰かに配るのは違反ではありません。

しかし、名刺に選挙運動を髣髴させるような表記をすることは違法性を帯びます。

例えば、「○○立候補」など投票以来文言を名刺に記載して作成するのはNG…。

公職選挙法の規制に引っ掛かる恐れがありますので注意が必要ですね。

選挙に立候補する人が法律を守っていないのは矛盾しますので、名刺を作成する前にきちんと確認しておいてください。

まとめ

選挙用の名刺を作成するコツやおすすめの印刷会社についておわかり頂けましたか?

クリアなデザインテンプレートを使ったり顔写真を挿入したりすれば、素敵な選挙用の名刺が出来上がりますよ。

選挙活動のアイテムとしてポスターだけではなく名刺も大事ですので、実績のある印刷会社で作成しましょう。

タイトルとURLをコピーしました