大学生が名刺を作成するメリットとデメリット!おすすめのサービスは?

名刺を持っている大学生は徐々に増えている

名刺を持っている大学生は徐々に増えている

近年では就職活動のために名刺を作成している大学生が多く、「少しでも自分の名前を覚えて欲しい」「相手との距離を縮めたい」と考えるやる気に満ちた大学生が所持しています。

名刺を作成すること自体は非常に簡単ですし、大学生でも氏名や連絡先、大学名や学部など記載できる情報は多彩ですよね。

現在では就職氷河期の真っ最中で、どんなにエリートが集まる大学に通っていたとしても、就職先が見つからないというケースは少なくありません。

そこで、少しでも就職活動を優位に進めるためにも、大学生が名刺を作成するのは選択肢の一つです。

自分が何者なのか証明するツールの名刺において、次のような決まりは一切ありません。

  • 名刺は社会人やサラリーマンしか作成してはいけない
  • 中学生や高校生などの未成年は名刺を持ってはいけない

 

個人の年齢に関係なく、名刺を作成してビジネスやプライベートで役立てることができますよ。

「中々就職活動が上手くいかなくて内定をもらえない」と悩んでいる大学生は、一度名刺を作成してみてはいかがでしょうか。

 

大学生が名刺を作成するメリットはこれだ!

大学生の名刺

以下では、大学生が名刺を作成するに当たってどのようなメリットがあるのかまとめてみました。

  • 就職活動で企業を訪問した時に社員と名刺交換ができる
  • 履歴書やエントリシートと一緒に名刺を企業に送れる
  • メールアドレスの間違いやケアレスミスを未然に防げる
  • FacebookやtwitterなどSNSのURLを表記すれば採用担当者にアピールできる
  • 他の大学生とコネクションを作るきっかけになる

 

社員さんに名刺交換をお願いして断られるケースはほとんどありませんし、自分を売り込むツールという点ではサラリーマンでも大学院生でも一緒です。

「名刺を作成していないと就職活動が上手くいかない」と言い切ることはできないものの、就活用の名刺を持っていれば企業訪問やセミナーで役立ちます。

 

大学生の名刺作成におすすめのサービス!

ビスタプリント

就職活動で忙しい大学生は、自分であれこれと名刺のデザインを練るような時間はありません。

時間をかけて作成しても魅力的なデザインの名刺が出来上がるとは限りませんので、専門の印刷会社やサービスに依頼すべきですね。

インターネット通販で人気の名刺作成サービスのVistaprint(ビスタプリント)では、大学生の方に適したシンプルなデザインのテンプレートがたくさん用意されています。

Vistaprint(ビスタプリント)の公式サイトで、「大学生」と入力して名刺のデザインを検索してみると、次のテンプレートがヒットしました。

 

大学生の名刺2

 

大学生の名刺3

 

大学生の名刺4

 

大学生の名刺5

 

Web上で自分の好きなデザインを探し、ソフトをダウンロードすることなくオンライン上で作成して印刷を依頼するだけですので、皆さんがイメージしているよりも簡単ですね。

定期的に送料が半額になるキャンペーンが実施されていますので、就職活動が始まる前に大学生はVistaprint(ビスタプリント)に依頼して名刺を作成してみてください。

 

check-s011

Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

大学生が名刺を作成するに当たって押さえておくべきポイント!

このページでは、大学生が名刺を作成するに当たって押さえておくべきポイントを紹介しています。

名刺さえ用意すれば就職活動で成功しやすくなるという単純な話ではなく、自分を企業やOBに上手くアピールできるのかどうかが大事です。

専門の印刷会社やサービスに依頼して名刺を作成する前に、きちんと把握しておきましょう。

 

名刺の中に入れる情報や項目を考える

名刺の中に入れる情報や項目を考える

名刺を作成するに当たり、大学生も自己満足ではなく相手が受け取った時のことをイメージしないといけません。

中でも名刺の中に入れた方が良い情報をじっくりと考えるのは大事で、大学生が就職活動で活用するのであれば以下の項目は必須です。

  • 自分の氏名
  • 通っている大学や学部
  • 電話番号(携帯電話やスマホ)
  • メールアドレス(フリーメールでOK)

 

企業のOBやOGとこれからも連絡を取り続けたいのであれば、電話番号やメールアドレスなどの連絡先が大事なのはお分かり頂けるでしょう。

相手から自分に連絡してくるケースは少なくても、番号を登録して貰っていれば誰なのか分かりやすく伝えられます。

ただし、採用担当者が就活にやってくる大学生の住所を知りたいとは思いませんので、個人情報ともなる自宅の住所はなるべく名刺の中に載せないでください。

 

なるべくシンプルなデザインを取り入れる

シンプルな名刺

インパクトを強めたいからといって、奇抜なデザインにしたりゴージャス感を出したりといった名刺を大学生が作成するのは逆効果です。

本来であれば持たなくても良いツールですし、名刺を渡して逆に自分の印象が悪くなってしまっては意味がありませんので、ビジネスマンの使う名刺を参考にシンプルなデザインを取り入れましょう。

  • カラフルでなくてもモノクロや白黒などシンプルなデザインでOK
  • 名刺作成サービスであればシンプルなテンプレートが多い
  • デザインで勝負するのではなくキャッチフレーズで自分をアピールする

 

こういった点に気を配って名刺を作成するのがポイントで、「派手な方が良い」「カラフルだと印象がアップする」と勘違いしないでください。

 

大学生が名刺を作成するデメリットもチェックしておこう

デメリット

「人生の新たな一歩は就活名刺から」ということで、就職活動を頑張る大学生を応援している名刺作成サービスは少なからず存在します。

「デザイン名刺.net」がその業者の一つで、ビジネス名刺やクリエイター名刺だけではなく、大学生の方に適したデザインの名刺が豊富に取り入れられていました。

自分でIllustrator(イラストレーター)やPhotoshop(フォトショップ)を使ってキレイなデザインに仕上げるのは難しいとしても、専門の印刷会社やサービスを使えば魅力的な大学生の就活名刺が出来上がるのです。

しかし、大学生が名刺を作成するに当たり、以下のようにいくつかのデメリットがありますよ。

  • 学生が名刺を作成したとしても就職活動には役に立たない
  • SNSの内容など記載している項目によってはマイナスの印象を与える
  • 名刺を採用担当者に渡してもプラス要素になるとは限らない

 

確かに、企業の社員さんが大学生の名刺を貰っても嬉しくないですし、面接の採用担当者に渡しても名刺自体がプラス要素に働くことは基本的にありません。

特に、名刺の中にSNSのURLを記載していた場合、就職活動とは全く関係のないプライベートな内容が採用担当者の目に触れることがあります。

Facebookはツイッターよりも長い文章を記載してしまうケースが多く、不適切な内容の文章が採用担当者が見たとすると、自分の好感度を上げるどころか選考から漏れる原因になるのです。

それに、背伸びをしてつけた肩書きや文章で、「礼儀やマナーがなっていない」「大学生なのに背伸びしている」というように、悪い印象をもたれるケースも少なくありません。

大学生同士で名刺交換をしても特に大きなメリットはありませんので、名刺は作成しても作成しなくても就職活動に大きな影響は加わらないのです。

無理に作ったところで就活が上手くいくわけではないため、大学生は名刺の作成ではなく他の部分に重点を置いてみてください。

タイトルとURLをコピーしました