ライオン名刺で作成できる名刺の特徴!口コミや評判はどう?

ライオン名刺で作成できる名刺の特徴はこれだ!

ライオン名刺

「少しでも安い料金でビジネス名刺を作成したい」「ネット通販の中でも短納期のサービスで名刺を作りたい」と考えている方はいませんか?

そのような方には、名刺の作成や印刷などの業務を中心に行っているライオン名刺がおすすめです。

格安の料金で短納期で名刺を届けてくれることで、ライオン名刺は確かな人気を獲得していますよ。

Adobeから販売されているIllustrator(イラストレーター)のデータ入稿専門店ですので、全ての人が利用できるというわけではありません。

つまり、ライオン名刺ではテンプレートからデザインを選んで名刺を作成するのではなく、画像編集ソフトのIllustrator(イラストレーター)を使って名刺データを作成し、そのデータを印刷会社に入稿することで印刷してもらえます。

それでも、ライオン名刺は高い支持を得ている名刺作成サービスですので、他の印刷会社とは違う特徴や強みを見ていきましょう。

 

キャンペーン適応価格が安い

料金が安い

ライオン名刺が人気なのは、とにかく安い料金で名刺を作成できるからです。

ライオン名刺ではキャンペーンの適応で、次の価格でビジネスや趣味で使う名刺を作成できます。

  • 片面白黒20枚で49円
  • 両面白黒20枚で80円
  • 片面カラー20枚で80円
  • 白黒×カラー20枚で80円
  • 両面カラー20枚で100円

 

データ入稿専門店とは言っても、片面のモノクロの名刺が20枚で40円なのは凄くありませんか?

多くの印刷会社は100枚単位で名刺やショップカードを注文する形になりますが、ライオン名刺は20枚の小ロットにも対応していますね。

ただし、20枚の名刺印刷をスペシャルプライスで作成できるのは初回限定ですので、2回目以降の注文はもう少し料金が高くなると心得ておきましょう。

 

豊富な用紙から自分が気に入った材質で印刷できる

名刺用紙

ライオン名刺はただ印刷物を印刷してお届けするだけではなく、消費者が満足できるようなサービスを取り入れているため、Illustrator(イラストレーター)データ専門店でも高く評価されています。

そのサービスの一つが豊富な種類の用紙で、自分が気に入った材質で印刷可能です。

ライオン名刺で取り扱っている名刺の用紙は40種類以上と非常に多く、代表的なものをいくつか挙げてみました。

  • 光沢のある白のコート紙の「アートポスト」
  • 環境にやさしい再生紙の「クラーク70」
  • 薄口で派手すぎないコントラストの「マットポスト」
  • マットで高級感を得られる「ジェントルフェイス」
  • ミラーコート加工がなされた用紙「エスプリコートSS」
  • 鮮やかな色彩の表現ができる「シルバーダイヤ」
  • 表面にグロス感が残る厚口のマット紙の「ヴァンヌーボV」
  • 表面が均一で紙の繊維が出ていない「パーフェクトW」
  • 白色度の高いケント紙の一種の「ホワイトエクセルケント」
  • 古紙配合率10%以上でナチュラルなイメージの「バガスシュガー」

 

レギュラー用紙はノーマル価格、エクストラ用紙は+300円、スペシャル用紙は+500円、ハイグレード&エコ用紙は+1,000円、プレミアム用紙は+2,000円と料金に違いがあります。

用紙の材質のイメージだけではなく、価格でも比較して選んでライオン名刺で名刺を作成してみてください。

 

特殊な加工を施して名刺にインパクトを与えられる

ライオン名刺では、名刺用の加工オプションを施して作成することもできます。

「今使っている名刺は見た目のインパクトが足りないな~」と悩んでいる営業マンや個人事業主におすすめです。

具体的にライオン名刺でどのような加工を施して名刺を作成できるのか見ていきましょう。

  • 名刺の角に丸みを持たせて柔らかい印象を与えられる「角丸加工」
  • 紙の端から端まで貫通するミシン目を入れる「ミシン目加工」
  • 印刷物の耐久性を大幅にアップさせる「ラミネート(パウチ)加工」
  • 1枚1枚に違う番号を入れて印刷する「ナンバリング印刷」
  • フィルムの圧着で用紙の光沢感を消す「PP加工(マット)」

 

どの加工で名刺を作成すれば良いのか迷っている方は、ライオン名刺の公式サイトで確認してみてください。

 

ライオン名刺の口コミや評判はどうなの?

ライオン名刺の口コミ

このページでは、「ライオン名刺はどうなの?」と疑問を抱えている方のために、口コミや評判の情報を紹介していきます。

 

データ入稿専門スピード名刺会社だけあって、自宅に届くまでのスピードが圧倒的に速くて驚きました。Illustrator(イラストレーター)のデータを持っていて午前中に注文すれば、翌日には名刺が自宅に届きますよ。

 

ライオン名刺は安くてもオシャレな名刺を作成できるので気に入っています。用紙を変えたり加工を施したりすれば、「○○○のデザインの名刺が欲しかった」と自分の要望を叶えられるでしょう。

 

片面名刺も両面名刺も料金の安さには満足していますが、既存のテンプレートに個人情報を当てはめて作成できないのは不便だと思いました。

 

ライオン名刺の良くない部分

ライオン名刺は印刷の料金が安い代わりに、自分で名刺のデータを作成しないといけません。

これがライオン名刺の良くない部分ですので、Illustrator(イラストレーター)を持っていない人にはVistaprint(ビスタプリント)をおすすめします。

Vistaprint(ビスタプリント)はオンライン上で名刺を編集して格安の料金で作成できるサービスですので、詳細は公式サイトで確かめてみてください。

 

check-s011

Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

タイトルとURLをコピーしました