【8社徹底比較!】ミシン目入り加工で名刺を作成できるおすすめの印刷会社3選!

ミシン目入り加工で名刺を作成できる印刷会社8社を徹底比較!

ミシン目入り名刺

※横にスクロールできます。

印刷会社 ミシン目入り加工 名刺の印刷料金 印刷用紙の種類 デザインの種類 総合評価
SuperPrint(スーパープリント) 100枚で910円~ 30種類以上 ★★★☆☆ ★★★★★
名刺21 100枚で900円~ 30種類以上 ★★★☆☆ ★★★★☆
ライオン名刺 100枚で500円~ 40種類以上 ★★☆☆☆ ★★★☆☆
MEGAPRINT(メガプリント) 100枚で420円~ 50種類以上 ★★☆☆☆ ★★★☆☆
印刷のウエーブ(WAVE) 100枚で1,520円~ 15種類以上 ★★☆☆☆ ★★☆☆☆
プリントパック 100枚で755円~ 10種類以上 ★★☆☆☆ ★★☆☆☆
印刷通販のグラフィック 100枚で470円~ 40種類以上 ★☆☆☆☆ ★★☆☆☆
ファインワークス 100枚で1,021円~ 20種類以上 ★☆☆☆☆ ★☆☆☆☆

上記の8社は、ミシン目入り加工で名刺やクーポンを作成できる代表的な印刷会社です。

何となくイメージできると思いますが、ミシン目入り加工は指定のパスラインに手でカットできるミシン目を入れるオプションを指します。

チケット的な要素を加えた名刺はもちろんのこと、相手が思わず切りたくなるデザインアイディアで仕上げるのも実に効果的!

一度見たら忘れられないような名刺が欲しい方にミシン目入り加工は向いていますよ。

同じ印刷会社でも名刺の印刷料金やデザインの種類で比較すると大きな違いがありますので、自分に合いそうなところでミシン目入り加工の名刺を作ってみましょう。

ミシン目入り加工で名刺を作成できるおすすめの印刷会社3選!

ミシン目入り加工で名刺を作成できるおすすめの印刷会社3選!

ミシン目入り加工で名刺を作成したい方には、上記の3つの印刷会社がおすすめです。

特殊な加工やオプションを取り扱っていますので、あなたが求めるデザインの名刺を手に入れることができます。

「どの印刷会社にミシン目入り加工を依頼すれば良いの?」と迷っている方は、こちらのページを参考にしてみてください。

1位:SuperPrint(スーパープリント)

SuperPrint(スーパープリント)

SuperPrint(スーパープリント)の基本情報
サービス名 SuperPrint(スーパープリント)
運営会社 株式会社スーパープリント
本社の住所 神奈川県横浜市中区石川町3-104-2
名刺デザインの編集
名刺のデータ入稿
ミシン目入り加工
ミシン目入り加工の料金 1本:100枚で850円、2本:100枚で1,710円
名刺の印刷料金 100枚で910円~、200枚で1,910円~
印刷用紙の種類 70種類以上
デザインの種類 ★★★☆☆
総合評価 ★★★★★

SuperPrint(スーパープリント)は、高級紙や特殊加工で名刺を作成できるネット印刷サービスです。

ミシン目入り加工で名刺やチケットの印刷を考えているのであればSuperPrint(スーパープリント)がおすすめ!

SuperPrint(スーパープリント)では、次の料金でミシン目入り加工を施すことができます。

ミシン名入り加工 1本のミシン目 2本のミシン目
5枚の印刷 410円 820円
50枚の印刷 730円 1,460円
100枚の印刷 850円 1,710円
200枚の印刷 1,120円 2,230円
500枚の印刷 1,850円 3,710円

名刺のテンプレートやデザインに合わせて、指定のパスラインにミシン目を入れられますので安心ですね。

印刷料金の安さとクオリティの高さに力を入れていますので、SuperPrint(スーパープリント)で素敵な名刺を作成してみてください。

参考 SuperPrint(スーパープリント)の公式サイトはこちら

【口コミや評判は?】SuperPrint(スーパープリント)で名刺を作成する7つのメリットと4つのデメリットを全解説!
SuperPrint(スーパープリント)は、低価格と高品質の両方を持ち合わせているネット印刷!簡単に素敵な名刺を作成できますよ。SuperPrint(スーパープリント)で名刺を注文する前に、利用者の口コミや評判の情報を確認しておきましょう。

2位:名刺21

名刺21

名刺21の基本情報
サービス名 名刺21
運営会社 株式会社 NEXPRINT
本社の住所 東京都豊島区巣鴨1-29-1 明和ビル 4F
名刺デザインの編集
名刺のデータ入稿
ミシン目入り加工
ミシン目入り加工の料金 1本~2本:基本料金800円
名刺の印刷料金 100枚で900円~
印刷用紙の種類 30種類以上
デザインの種類 ★★★☆☆
総合評価 ★★★★☆

名刺21は、ミシン目入り加工(dash rule)で印刷物を作成できる代表的な印刷会社です。

切り取り線を入れて印刷物をキレイに切り離しやすくなりますので、チケットや回数券、商品表示タグを併用した名刺の作成に向いています。

名刺21のミシン目入り加工でどのような名刺が出来上がるのか見ていきましょう。

名刺21のミシン目入り加工名刺

名刺21のミシン目入り加工名刺①

名刺21のミシン目入り加工名刺

名刺21のミシン目入り加工名刺②

名刺21のミシン目入り加工名刺

名刺21のミシン目入り加工名刺③

納期はプラス1日程度ですので、ミシン目入り加工を施しても名刺を手に入れるまでに長い時間はかかりません。

名刺21は他のオプション加工も多彩ですので、インパクト抜群の名刺を使ってビジネスやプライベートで勝負したい方にピッタリです。

参考 名刺21の公式サイトはこちら

3位:ライオン名刺

ライオン名刺

ライオン名刺の基本情報
サービス名 ライオン名刺
運営会社 株式会社オンデオマ
本社の住所 大阪府大阪市北区本庄東1丁目1番10号 RISE88ビル7
名刺デザインの編集
名刺のデータ入稿
ミシン目入り加工
ミシン目入り加工の料金 100枚で1,000円
名刺の印刷料金 100枚で500円~、200枚で1,000円~
印刷用紙の種類 40種類以上
デザインの種類 ★★☆☆☆
総合評価 ★★★☆☆

ライオン名刺はIllustrator(イラストレーター)のデータ入稿専門店で、格安の料金で名刺やショップカードを作成できます。

※Illustrator(イラストレーター)を使って名刺を作成する方法はこちら!

Illustrator(イラストレーター)で名刺を作成する手順を徹底解説!
Illustrator(イラストレーター)はAdobe社から販売されている画像編集ソフトです。オリジナルの名刺を作成したい方にはIllustratorがおすすめ!ここではIllustratorで名刺を作成する手順を詳しく解説していきます。

ライオン名刺は単純に料金が安いだけではなく、ミシン目入り加工を中心に特殊なオプションを選択できますよ。

ハサミやカッターを使わなくても簡単に切り離せますので、チケットやクーポン券の印刷におすすめです。

ライオン名刺のミシン目入り加工名刺①

ライオン名刺のミシン目入り加工名刺②

ただし、「斜め」「クロス」「T字」「L字」のミシン目入り加工は選択できませんので、ライオン名刺にデータ入稿する際は注意しましょう。

参考 ライオン名刺の公式サイトはこちら

【口コミや評判は?】ライオン名刺で名刺を作成するメリットや作り方を全解説!
ライオン名刺は格安の料金で名刺を作成できるネット印刷サービス!取り扱い用紙や加工オプションにも力を入れていますよ。ここではライオン名刺で名刺を作成するメリット、利用者の口コミや評判の情報を詳しくまとめました。

ミシン目入り加工で名刺を作成する3つのメリットを徹底解説!

ミシン目入り加工で名刺を作成するに当たり、一般的な印刷方式と比較してみると上記の3つのメリットがあります。

名刺の使い道によっては非常に役立つオプションですので、ミシン目入り加工の何が良いのかチェックしておきましょう。

1:名刺と合わせてチケットやクーポンの役割を果たせる!

クーポン券

ミシン目入り加工で名刺を作成すると、チケットやクーポンの役割を同時に果たせます。

例えば、お店のショップカードと切り離せるクーポンを併用すれば、リピーターの獲得に繋がること間違いなし!

ショップカードとクーポン券を別々で作成するのは面倒ですので、ミシン目入り加工を有効活用してみてください。

2:ハサミやカッターを使わなくても簡単に切り取れる!

ハサミ

ミシン目入り加工で名刺やクーポンを作成すれば、ハサミやカッターを使わなくても簡単に切り取ることができます。

これはお客さんにとって非常にありがたいですよね。

名刺を渡す人のことを考えるのであれば、印刷会社に依頼してミシン目入り加工を施した方が良いでしょう。

3:相手が自由に切り離せるデザインでインパクトをアップできる!

ミシン目入り加工で相手が自由に切り離せるデザインの名刺を作成し、見た目のインパクトをアップするのも選択肢の一つです。

奇抜なデザインの名刺を作れば、相手は自分の顔をしっかりと覚えてくれますよ。

相手の印象に残る印刷物に仕上げられるのは、ミシン目入り加工の大きなメリットです。

ミシン目入り加工で名刺を作成する3つのデメリット…

デメリット

ミシン目入り加工で名刺を作成する3つのデメリット…
  • オプションを利用すると名刺1枚当たりの印刷料金が高くなる
  • 名刺が自宅やオフィスに届けられるまでの納期が長くなる
  • 弁護士や行政書士などお堅い職業の人には向かない

ミシン目入り加工で名刺を作成するに当たり、通常の印刷と比較してみると上記の3つのデメリットあり…。

「名刺の印刷コストを抑えたい」「短納期で名刺を届けて欲しい」という方にミシン目入り加工は不向きですね。

また、自由に切り取れるユニークな名刺を作成している方はいますが、弁護士や行政書士などお堅い職業の人はなるべく避けた方が良いでしょう。

※行政書士の名刺を作成するコツやおすすめの印刷会社はこちら!

行政書士の名刺を作成するコツとおすすめの印刷会社3選!
行政書士は弁護士や税理士など他の士業と同じように名刺が欠かせません。自分が何者なのか証明する名刺は忘れずに作成しておく必要あり!ここでは行政書士の名刺を作成するコツやおすすめの印刷会社を紹介していますので、是非一度参考にしてみてください。

普通の名刺を作成したいのであれば、ネット印刷のVistaprint(ビスタプリント)に依頼すべきです。

Vistaprint(ビスタプリント)はミシン目入り加工を選択できませんが、その代わりに100枚のフルカラーの名刺印刷が980円~と格安の料金設定になっています。

自分の職業やイメージに合うデザインテンプレートを選べますので、是非一度Vistaprint(ビスタプリント)を利用してみてください。

まとめ

ミシン目入り加工で名刺を作成するメリットやデメリット、おすすめの印刷会社についておわかり頂けましたか?

8社のネット印刷サービスを比較してみると、「SuperPrint(スーパープリント)」「名刺21」「ライオン名刺」がおすすめです。

ミシン目入り加工を施せばチケットやクーポンとして切り離すことができますので、専門の印刷会社に依頼して作成しましょう。

タイトルとURLをコピーしました