慶應義塾大学の名刺を作成できるサービスはある?

慶應義塾大学の名刺を作成できるサービスはあるの?

慶應義塾大学

名刺はビジネスマンや社会人だけではなく、現在では大学生も持つようになりました。

「大学生に名刺は不要なのでは?」という意見も出回っていますが、次の3つの理由で学生さんにも役立つアイテムですよ。

  • 就職活動の名刺を作って企業の担当者に渡せる
  • OBやOGに名刺を渡して自分をアピールできる
  • 学生のうちに社会人の人と繋がりを持つことができる

「社会人やサラリーマンしか作成してはいけない」といった決まりは特にありませんので、就職活動で大学生が名刺を使う使わないは個人の自由になっています。

※大学生が名刺を作成するメリットとデメリットはこちら!

【就職活動向け!】大学生が名刺を作成するメリットとデメリット、おすすめの印刷会社4選!
「大学生って名刺を持つべき?」と疑問を抱えている方はいませんか?一概には説明できないものの、大学生が名刺を作成するに当たってメリットとデメリットの両方がありますよ。就職活動用の名刺作成におすすめの印刷会社も紹介していますので、是非一度参考にしてみてください。

印刷会社の中には、慶應義塾大学の名刺を作成できるサービスがあります。

慶應義塾大学に在籍している生徒であればロゴや校章マークが入った名刺を作成できますので、他のデザインを使って仕上げるよりも効率良く自分をアピールできるでしょう。

ロゴ入り名刺を作成するメリットはこちらのページをご覧になってください。

ロゴ入り名刺を作成する3つのメリットとおすすめの印刷会社4選!
名刺交換で会社をアピールしたいのであればロゴの挿入がおすすめ!通常のデザインと比較してみると、ロゴ入り名刺は見た目のインパクトがアップしますよ。この記事ではロゴ入り名刺を作成できる印刷会社を徹底比較していますので、サービス選びの参考にしてみてください。

名刺のツバキ(名刺ショップ.net)は慶應義塾大学の名刺作成OK!

名刺のツバキ(名刺ショップ.net)

名刺のツバキ(名刺ショップ.net)は、慶應義塾大学のデザインを使って名刺の作成や印刷を依頼できます。

学校支給のメールアドレスで返信すれば、校章マークありの名刺作成にも対応!

まず最初に、名刺のツバキ(名刺ショップ.net)で取り扱っている慶應義塾大学の名刺デザインをいくつか見ていきましょう。

 

慶應義塾大学 ペン3 ゴシック体フォント(モノクロ)

慶應義塾大学名刺

 

慶應義塾大学 ペン4 明朝体フォント(モノクロ)

慶應義塾大学名刺

 

慶應義塾大学 ペン7 ゴシック体フォント(カラー)

慶應義塾大学名刺

 

慶應義塾大学 ペン8 明朝体フォント(カラー)

慶應義塾大学名刺

 

複数のテンプレートの中から自由にデザインを選べる点では、他のネット印刷サービスと同じですね。

慶應義塾大学の名刺の気になる印刷料金は、下記のようにモノクロかカラーで違いがあります。

慶應義塾大学の名刺の印刷料金
モノクロ名刺 1箱100枚で1,000円~(販売価格は1,100円)
カラー名刺 1箱100枚で1,500円~(販売価格は1,650円)

学校関係者以外の方の注文はできないものの、ゼミの生徒に対してまとめて依頼するのは大丈夫です。

複数パターンのテンプレートを使って名刺を作成できますので、詳細は名刺のツバキ(名刺ショップ.net)の公式サイトで確認してみてください。

参考 名刺のツバキ(名刺ショップ.net)の公式サイトはこちら

名刺のツバキ(名刺ショップ.net)で慶應義塾大学の名刺を作成する4つのデメリット…

名刺のツバキ(名刺ショップ.net)で慶應義塾大学の名刺を作成する4つのデメリット…
  • 学校支給のメールアドレスで依頼が必要となる
  • 自由に校章マークを余白部分に入れられるわけではない
  • 学校からの承認済みのメールを返信しなければならない
  • 基本的にモノクロでシンプルなデザインしかない

名刺のツバキ(名刺ショップ.net)で慶應義塾大学の名刺を作成するに当たり、他の印刷会社と比べてみると上記の4つのデメリットあり…。

学校のロゴマークには著作権がありますので、他の人が勝手に使って作成してはいけません。

慶應義塾大学に在籍している生徒でも学校からの承認が必要ですので、「ちょっと面倒だな~」と感じている大学生にはVistaprint(ビスタプリント)がおすすめ!

Vistaprint(ビスタプリント)では慶應義塾大学のロゴを入れられない代わりに、5,000種類を超える豊富なデザインの中から選んで就活名刺を作成できますよ。

100枚で1,628円と他の印刷会社よりも遥かに安い料金設定ですので、Vistaprint(ビスタプリント)でとっておきの1枚の名刺を作ってみてください。

Vistaprint(ビスタプリント)の公式サイトはこちら

【口コミや評判は?】Vistaprint(ビスタプリント)が詐欺業者なのか徹底解説!
Vistaprint(ビスタプリント)が詐欺業者なのかどうか、この記事では口コミの評判を徹底解説しています。結論から言うと、Vistaprint(ビスタプリント)は信頼できる名刺作成サービス!他のネット印刷と何が違うのか見ていきましょう。

就活名刺は本当に必要?持つデメリットは?

「名刺を作成して採用担当者やOBに渡せば面接通過率が上がる!」とイメージしている大学生は少なくありません。

しかし、就活名刺は絶対に必要なアイテムではなく、大学生が持つに当たって次のデメリットやリスクがあります。

  • 採用担当者は履歴書などの応募書類であなたの情報を持っているので、わざわざ名刺を貰う必要性がない
  • 会社にとって有益な情報がなく、面接通過率や採用率には影響しない
  • FacebookやTwitterなどSNSのURLを載せていると、プライベートの情報によっては内定を取り消される恐れがある
  • SNSのアカウントを知らせれば個人情報を悪用される危険性がある

採用担当者やOBの中には、「大学生が名刺を持つなんて背伸びをしている」と考える方もいます。

名刺の中に記載する情報でSNSのアカウントがバレて採用担当者の目にとまれば、確実にマイナスイメージになるでしょう。

「就活名刺を作成してもプラスになることはない」という意見も出回っていますので、就職活動を始める予定の大学生は本当に今の自分に必要なのか考えてから印刷会社に依頼して作成してみてください。

まとめ

慶應義塾大学に在籍している生徒は、校章マークの入った名刺を作成できます。

名刺のツバキ(名刺ショップ.net)は、慶應義塾大学の名刺作成に対応している数少ない印刷会社ですね。

大学生の名刺は就職活動で役立つケースもありますので、本当に自分に必要なのか考えてから作ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました