プロデューサーの名刺を作成するメリットとおすすめのサービス

プロデューサーの代表的な仕事内容

プロデューサーの代表的な仕事内容

皆さんも一度はプロデューサーという仕事を耳にしたことがあるのではないでしょうか。

プロデューサーは何となくかっこいいイメージがあって、憧れている人はいますね。

一口にプロデューサーと言っても、次のように職種によって仕事内容が変わるのが特徴です。

  • 番組を決めたりお金を管理したりする「テレビプロデューサー」
  • ゲームの企画やプロジェクトを担当する「ゲームプロデューサー」
  • 企画制作から売上まで総合的に担当する「Webプロデューサー」
  • ファッション関連のチームをまとめる「ファッションプロデューサー」
  • 管理職や幹部に当たる「エグゼクティブプロデューサー」
  • 結婚式をプロデュースする「ブライダルプロデューサー」

 

どの業種や職種にしても、チーム全体をまとめるために必要な存在なのは間違いありません。

 

プロデューサーの名刺を作成する3つのメリット

名刺は営業マンだけではなく、プロデューサーにも必要なツールです。

プロデューサーは仕事柄、現場やオフ会で様々な人と関わり合うことが多いので、自己紹介できる名刺を作成しておく必要がありますよ。

以下では、プロデューサーの名刺を作成する3つのメリットをまとめてみました。

  • ライブやオフ会ではプロデューサー同士で名刺交換をする文化がある
  • 自分がどんな仕事や企画を受け持っているのかアピールできる
  • インパクトのある名刺であれば自分の顔を相手に覚えてもらえる

 

相手がサっと名刺を渡してきたのにも関わらず、自分が持っていないと確実に印象が悪くなります。

どの業種や職種のプロデューサーも初対面の人に会う機会が多いため、自分が何者なのか証明する名刺は絶対に欠かせません。

社会人であれば名刺を持つのはビジネスマナーの一つですので、今は持っていないプロデューサーの方は早めに作成しましょう。

 

プロデューサーの名刺作成におすすめのサービス!

近年ではIllustrator(イラストレーター)やPhotoshop(フォトショップ)などの専門的なソフトを使いこなせなくても、印刷会社に依頼して気軽に名刺を作成できるようになりました。

自力でデザインして名刺を作成するよりも、プロの印刷会社に依頼した方がキレイな仕上がりになります。

印刷会社で名刺を作成するに当たり、次の2つの方法にわけられます。

  • 近くの実店舗に足を運んで直接名刺の作成を依頼する
  • インターネット通販のような形でオンライン上で注文する

 

お住まいの近くに実店舗型の印刷会社があるとは限りませんので、インターネット通販で名刺を作成する方法がおすすめですよ。

「どこに依頼すれば良いのか分からない」と悩んでいる人のために、プロデューサーの名刺作成におすすめのサービスを紹介していますので参考にしてみてください。

 

Vistaprint(ビスタプリント)

ビスタプリント

Vistaprint(ビスタプリント)は、プロデューサーの名刺の作成にピッタリのサービスです。

アメリカ発祥の世界最大級のオンライン印刷通販で、現在では日本でも有名になりました。

Vistaprint(ビスタプリント)の公式サイトで調べてみると、次のようにプロデューサーに適したデザインのテンプレートがたくさんヒットします。

 

声優のプロデューサーはマイクのイラストが入ったデザイン

プロデューサーの名刺

 

音楽プロデューサーは音符の画像が余白に入ったデザイン

プロデューサーの名刺2

 

テレビプロデューサーはヘッドフォンの画像が入ったデザイン

プロデューサーの名刺3

 

映画監督はカチンコのイラストが入ったデザイン

プロデューサーの名刺4

 

「これはいいな!」と思った名刺のテンプレートを見つけて、オンライン上で作成して注文の手続きをするだけですので簡単ですよ。

アイドル育成ゲームをプロデュースするデレマス名刺やアイマス名刺の作成にも適していますので、是非一度Vistaprint(ビスタプリント)に依頼してみてください。

 

check-s011

Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

マヒトデザイン

マヒトデザイン

インターネット通販で名刺を作成できるサービスとして、マヒトデザインもVistaprint(ビスタプリント)と同じように有名です。

マヒトデザインではオンライン上で簡単に作成可能で、デザインメーカーが次のように新しくリニューアルしました。

  • ガイドやグリッドを表示させる機能でデザインをサポートしてくれる
  • 表面と裏面を切り替えて比較しながら作成できる
  • ツールパレットが大きなアイコンで簡略化されている
  • どの文字や図形が表示されているのかサムネイルで一目瞭然

 

名刺作成専用のデザインメーカーを使うと、自分好みのデザインの名刺にアレンジできます。

後は希望の枚数や用紙を選択し、マヒトデザインに印刷の注文をすれば完了です。

思い通りの名刺やチラシを作って印刷を依頼できますので、詳細はマヒトデザインの公式ホームページで確認してみましょう。

 

ラクスル

ラクスル

名刺作成の料金の安さと短納期に拘りたいのであれば、ネット通販のラクスルがおすすめです。

ラクスルでは、「無料デザインテンプレート名刺」「通常サイズ名刺」「欧米サイズ名刺」「小型サイズ名刺」と、自分の希望に合わせた名刺を作成できます。

無料デザインテンプレートの中には、プロデューサーにピッタリと合うデザインもたくさんありました。

マット紙や光沢紙、上質紙や淡クリーム紙など、好きな用紙を選択して名刺を作成できるのもラクスルの強みですね。

タイトルとURLをコピーしました