大工の名刺作成のコツとおすすめのサービス4選!

大工さんが名刺を作成するメリットはこれだ!

大工

木造建築物など大工旋工する上で必要な資格が建築大工技能士で、建設会社や工務店に勤務する形が一般的です。

職場によって異なりますので一概には説明できないものの、大工さんが名刺を作成するのは決して不思議な話ではありません。

確かに、大工さん同士が名刺交換をするようなシチュエーションは中々イメージできないと思いますが、1級建築大工技能士や2級建築大工技能士といった資格を持っている方であれば名刺を作成しておくべきですね。

なぜ大工さんも営業マンと同じように名刺を作成すべきなのか、いくつかの理由を見ていきましょう。

  • 1級建築大工技能士としての自分を他の人にアピールできる
  • 人脈を広げてより多くの仕事を獲得できる
  • 工事の依頼主の信用をしっかりと獲得できる

 

名刺があれば工事の依頼を受けた際に信頼性をアピールできますので、大工さんにも名刺は必要なアイテムです。

 

大工の名刺を作成する上で押さえておきたいコツ

ここでは、大工の名刺を作成するに当たり、押さえておきたいコツを紹介していきます。

ただ何となく名刺を作成するのではなく、渡す相手の立場に立って考えて構成やデザインを練りましょう。

 

大工だとイメージできるデザインテンプレートを使う

大工の名刺

どの職業の人にも言えますが、自分がどのような仕事をしているのか連想できるようなデザインの名刺を使うべきですね。

大工さんの名刺としてピッタリのイメージやデザインをいくつか見ていきましょう。

  • 木を想像して全体的に茶色のデザイン
  • 家やノコギリといったイラストが入っている
  • トンカチといった工具のイラストが入っている

 

これらのデザインやイラストを取り入れていれば、名刺を相手に渡した際に「この人は大工さんなのかな?」と把握してくれます。

相手に渡した時の第一印象を良くするのが大工の名刺作成で押さえておきたいポイントで、文字だけの名刺よりもトンカチやノコギリのイラストや画像が入っていれば分かりやすいのではないでしょうか。

真っ白な用紙に自分の名前や役職を書いてもどんな職業をしている方なのか想像できないため、大工さんを連想させるようなデザインで作成すべきです。

「たかが名刺」と侮っている方はいますが、自分の分身とも言える存在ですので丁寧に作成しないといけません。

これは大工さんに限った話ではなく一般的なサラリーマンにも該当しますので、今一度ビジネスやプライベートで使う自分の名刺を見直してみましょう。

 

大工の仕事とマッチする肩書きを設定する

名刺の肩書き

名刺の中に記載する項目で肩書きは意外と大事な要素で、相手に渡した際の信用度が増します。

「これはどうなの?」と思う方はいるかもしれませんが、入社して3ヶ月程度しか経過していない新人社員の名刺の中に「主任」や「マネージャー」といった肩書きを入れるケースは少なからずあるのです。

大工さんの名刺でも同じようにインパクトを強めるために、次の肩書きを忘れずに記載した方が良いでしょう。

  • 親方
  • 棟梁
  • 代表

 

これらの中から自分の立場に合った肩書きを選ぶのが良いですし、自分だけで決められない場合は上司に相談してみてください。

 

自分が持っている大工の資格の説明をする

スキル

自分をしっかりとアピールするために、持っている大工の資格の説明を名刺の中でするのは実に効果的です。

大工と一口に言っても、資格の種類は下記のようにたくさんあります。

  • 労働安全衛生法に定められた作業主任者の等作業主任者
  • 木造建築物工事に必要な技能資格の建築大工技能士
  • 木造建築を取り扱うことのできる資格の木造建築士

 

名刺の表面で書き切れない時は、裏面を上手く活用して作成してみてください。

 

大工や工務店、建設業や建築業の方に適した名刺作成サービス

以下では大工さんや工務店、建設業や建築業の方に適した名刺作成サービスを幾つか紹介しています。

自分の希望のデザインで名刺を作成するに当たり、印刷会社やサービスの選び方が最も大事だと言っても過言ではありません。

名刺1枚当たりの料金も異なりますので、印刷会社の選び方で迷っている大工さんや建設業の方は参考にしてみてください。

 

Vistaprint(ビスタプリント)

ビスタプリント

ネット通販のサービスのVistaprint(ビスタプリント)では、大工さんに適したデザインの名刺が作成可能です。

大工さんに向いているデザインテンプレートは100種類以上と非常に多く、次のように職種別で検索できます。

  • エネルギー、環境産業
  • キッチン、浴室リフォーム
  • セキュリティシステム
  • 住生活サービス、便利業
  • 造園、ガーデニング
  • 屋根工事業
  • 害虫駆除

 

Vistaprint(ビスタプリント)のトップページでは人気業種カテゴリで「建築」という項目がありますので、ここで自分のイメージに合ったテンプレートを探すだけでOKです。

あとは特別なソフトをダウンロードすることなく、ブラウザ上で名刺の中に必要な情報を入力して作成し、クレジットカード情報などの支払い情報を入力して印刷を注文する形になりますね。

どのデザインで作成しても100枚で980円と格安の料金設定ですので、是非一度Vistaprint(ビスタプリント)に依頼してみてください。

 

check-s011

Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

LIQUID ENERGY INK(リキッドエナジーインク)

LIQUID ENERGY INK(リキッドエナジーインク)

LIQUID ENERGY INK(リキッドエナジーインク)でも、大工さんや工務店に勤めている方に最適なテンプレートの名刺が取り入れられています。

ノコギリを使って実際に作業をしているようなイラストや、建築現場の画像が入ったテンプレートを選び、この中に自分の名前や役職などを入力するだけです。

Word(ワード)やIllustrator(イラストレーター)といったソフトを使って名刺は作成できるものの、凝ったデザインに仕上げるのは簡単なことではありません。

専門的な知識を持ち合わせていなければ困難ですので、既に業者で用意されているテンプレートを利用して作成するのが手軽です。

建設業や建築業といった職業の人も大工さんと同じように、パっと見て自分の職種が分かるようなデザインの名刺を作成する必要があります。

  • マンションや店舗のリフォームのイラスト
  • ヘルメットやトンカチなどの工具
  • 鉄道網や道路網を整備する画像

 

こういった名刺を作成して取り引き先に渡すだけで、自分や会社の印象のアップに繋がるでしょう。

建設業や建築業の人に適したデザインも、LIQUID ENERGY INK(リキッドエナジーインク)では用意されていますよ。

 

アンドユー

アンドユー

アンドユーでは依頼人からの信用と信頼を頂けるようなデザインのテンプレートが用意されています。

建設業や建築業の職種の方に適した家のデザインのテンプレートが用意されていますので、上手く使いこなせば名刺を渡した相手から好意的に見られるでしょう。

総デザイン数は10,000点を超えており、「スタンダード紙」「光沢紙」「スケルトン用紙」など個人の好みに合わせて自由に設定できます。

他にも、アンドユーがどのような特徴を持った名刺作成サービスなのかまとめてみました。

  • 20枚という小ロットの印刷から注文可能
  • 午前中にデザインOKを頂いた場合は当日に発送してくれる
  • 10,000円以上の注文であれば送料が無料となる
  • テンプレートの選択ではなく持ち込みデータで名刺を作成できる

 

「これがいいね!」と感じるデザインが見つからなかった場合、自分で名刺データを作成してアンドユーに入稿して印刷してもらうのは選択肢の一つです。

 

Zazzle(ザズル)

ZAZZLE

Zazzle(ザズル)では、次のようにプロのデザイナーが作成したようなデザインの名刺を作成できます。

  • モダンな建築名刺
  • 溶接の名刺
  • 切り分けられた文字の建築名刺
  • 建築家のインテリア
  • ミニマルでモダンなデザイナー走り書き
  • 建築家のスケッチの名刺
  • ヴィンテージの建築の鋼鉄建築名刺

 

大工さんを中心とする建設業の人にピッタリのデザインが多く、1枚当たりのコストが高いだけあってクオリティは申し分ありません。

他の印刷会社と比べて1枚当たりの料金は高めに設定されていますが、「料金は高くなっても良いから相手へとインパクトを与える名刺が欲しい」「相手の気を引けるようなデザインの名刺を作成したい」といった方は、Zazzleの公式ホームページでテンプレートを確認して名刺の作成を依頼してみてください。

タイトルとURLをコピーしました