名刺の作成を自動販売機で

自動販売機を使って名刺を作成しよう

自動販売機を使って名刺を作成しよう
自動販売機と聞いて、ジュースやお菓子を販売している機械をイメージする方が多いのではないでしょうか。

手軽にジュースを購入できるのがメリットですが、実は名刺の作成は駅の構内などに設置されている自動販売機で可能で、ビジネスマンで利用したことのある方はいるしれません。

ジュースやタバコを自動販売機を使って購入するように、名刺も設置されている機械で作成可能で、ビジネスマンにとっては非常にありがたい存在なのです。

  • 名刺を切らしていることに気付かなかった
  • 取り引き先との会談で今直ぐに名刺が必要
  • 即席で名刺が欲しいが印刷会社に依頼している時間はない

営業マンとして仕事をしていればこういった状況は十分に考えられます。

しかし、自宅に帰って名刺を印刷する時間がないケースはありますし、業者に依頼して印刷してもらうにもある程度の時間がかかるので、街中に設置されている自動販売機が役立つのです。

東京都駅の丸の内北口・モバイルビート中野・東京ビッグサイト・大宮駅東口・上野駅中央口・代々木駅改札内といった場所で名刺作成のための自動販売機が設置されています。

企業が密集している駅前に設置されているケースが多く、それだけビジネスマンの需要が高いからなのではないでしょうか。

既に利用者が少なくて自動販売機がなくなってしまった場所もありますが、ビジネスにおいて名刺は最重要ツールと言っても過言ではないので、お住まいの近くのどこに設置されているのかある程度の目処を立てておくのは良いかもしれません。

オフセット印刷やレーザープリンターの印刷と比べると安っぽいデザインだと感じるかもしれませんが、急ぎで名刺を印刷したい際は利用してみるべきです。

自動販売機を使って名刺を作成するまでの手順

どのような手順で自動販売機を使い名刺を作成できるのかこのページでは詳しく説明しているので、是非一度参照してみてください。

  1. 名刺の自動販売機を見つけたら「ご利用される方」というボタンを押す
  2. 1,000円札を投入して「スタート」というボタンを押す
  3. 幾つかの種類のデザインが表示されるのでお好みの名刺をタッチする
  4. 役職や名前を入力する(カタカナや英数字にも対応している)
  5. 番号に漢数字を使うことも可能で、郵便番号なども入力できる
  6. 入力内容の確認画面が表示されるので修正の必要がなければ「印刷イメージ」をタッチする
  7. 1分間ほど待つと印刷された名刺が投入口から出てくる

利用する自動販売機によって多少は違いがあるかもしれませんが、基本的にウィンドウズのような画面の指示に従うことで名刺を作成できます。

1,000円で30枚の名刺が出来上がりますし、急に必要になった場合に重宝するのです。

それに、午前7時から午後11時45分と長い時間に渡って営業しているので、夜の会談で名刺が必要になった場合も安心して利用できるのではないでしょうか。

もちろん、幾つかのデザインの中から選択できたとしても、その種類は限られておりますし、高品質の名刺が出てくるわけではありません。

そのため、普段から名刺を切らさないように心掛けておくことがビジネスマンには要求されますし、当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)は少々納期が長いので、早めに注文を確定させるべきです。

即日で手に入れることができない代わりに、一般的な印刷会社では手に入れられないような奇抜なデザインの名刺も作れるので一度Vistaprint(ビスタプリント)へと依頼してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

タイトルとURLをコピーしました