*

GIMPを使った名刺の作成や印刷

公開日: : 最終更新日:2017/01/28 名刺作成のソフト

GIMPとは何をするためのソフト?

GIMPとは何をするためのソフト?
GIMPとは「GNU Image Manipulation Program」の略称で、フリーの画像編集加工ソフトのことを指します。

画像編集のためのソフトと聞き、以下をイメージする方は多いのではないでしょうか。

  • Illustrator(イラストレーター)
  • Photoshop(フォトショップ)
  • PhotoScape
  • PhotoFiltre
  • Microsoft Expression Design

 

しかし、GIMPも初歩的な機能から高度な機能まで備わっており、画像の新規作成や加工にピッタリなのです。

以下ではGIMPを使用するメリットをまとめてみました。

  • Adobeから提供されているソフトとは違って無料で利用できる
  • Illustrator(イラストレーター)的な機能も備わっている
  • 機能追加(プラグイン)を入れることでPhotoshop(フォトショップ)にも匹敵する
  • カスタマイズパッケージが充実している
  • 「GIMP徹底活用ガイド2011」といった本を活用すれば初心者でも使いこなせる

 

仕事や業務で実際に使いこなしている方はいますし、多少のクセを持っているだけで機能面で他のソフトに劣るわけではありません。

 

GIMPを使って名刺の作成や印刷を行おう

自宅でオリジナルの名刺を作成したり印刷したりするに当たり、GIMPを活用するのは選択肢の一つです。

プリントライといった印刷会社ではIllustrator(イラストレーター)だけではなく、オープンソースのソフトウェアのGIMPでデータ入稿して名刺を印刷することもできます。

使い方が分かってくると独自のデザインの名刺も作成でき、Adobeのソフトとは違ってお金を支払う必要はありません。

どのような流れで作成と印刷を行うのかまとめてみたので一度チェックしておきましょう。

  1. 名刺の基本サイズである55㎜×91㎜でキャンパスサイズを作成する
  2. 詳細設定をクリックすると解像度を設定するメニューが画面に表示される
  3. 名前や会社名、連絡先などの文字情報を追加していく
  4. 「短形選択」「電脳はさみ」「塗りつぶし」「エアブラシ」「切り抜き」といった各ツールを使って名刺の中に入れるイラストを加工する
  5. 余白部分の好きな位置に画像を表示させる
  6. .png(ピング)や.jpeg(ジェイペグ)で画像をエクスポートする
  7. 印刷する用紙に合わせて名刺データを並べていく
  8. 用紙をプリンタにセットして印刷し、定規とカッターでカットすれば出来上がり

 

特別な使い方が必要なツールではありませんし、印刷してからカットするまでの流れは他のソフトと一緒です。

使用するデザインやイラストが違えばシンプルでもオリジナルの名刺を作成でき、見た目が綺麗でインパクトがあればプライベートだけではなくビジネスでも活用できます。

 

GIMPのダウンロード方法をチェック!

GIMPのダウンロード方法をチェック!
以下では簡単にGIMPのダウンロード方法についてまとめてみました。

  1. GIMPの公式サイトへとアクセスして「Download GIMP 2.8.10」をクリックする
  2. 「ファイルを保存」⇒「実行」と手順通りに進める
  3. インストール中のみ使用する言語はEnglishのままでOK
  4. 「Install」をクリックしてインストールが完了するのを待つ
  5. 「Finish」をクリックすれば直ぐに使えるようになる
  6. スタートメニューの検索窓から検索して起動できる

 

このページでは名刺の作成以外の詳しい方法は省きますが、他のサイトを参考にして基本操作を学んでみてください。

 

GIMPを使うデメリットは?

他のワープロソフトや画像編集ソフトとは違った機能を持っているものの、GIMPには幾つかのデメリットがあります。

名刺を作成するケースに限った話ではありませんが、GIMPにどのようなデメリットがあるのか事前にチェックしておきましょう。

  • 印刷用のCMYKカラーには対応しておらず、RGBという規格でしか印刷できない
  • アドビのイラストレーターとは違って本格的な画像編集には向いていない
  • 制作現場でデータを受け渡しする際に問題が発生しやすい
  • 過去に実績のないデザイナーさんの場合は仕事をする際に嫌がられる可能性がある

 

上記の中でも、CMYKカラーに対応していないのは大きなデメリットです。

名刺を印刷する際にはシアン(C)・マゼンタ(M)・イエロー(Y)・ブラック(K)の4色を使用してフルカラーを実現させています。

つまり、紙面として出力した際に色味は全く異なり、「こんなデザインじゃなかったのに・・・」という結果になりやすいので注意しなければなりません。

もちろん、Illustrator(イラストレーター)はCMYKカラーに対応しているので、多くのデザイナーさんがビジネスツールの名刺を作成しています。

 

自宅で名刺を作成するデメリット

GIMPに限った話ではありませんが、自宅で名刺を作成するに当たって専門会社のような仕上がりにするのは難しいのがデメリットです。

どうしても見栄えのあるデザインにならなかったり、インクが滲んだりといったトラブルが発生します。

思い通りにできなくてイライラすることもあるので、挫折してしまった方は全世界の人が利用しているVistaprint(ビスタプリント)で作成と印刷を依頼してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 


関連記事

Photoshop(フォトショップ)で名刺の作成

AdobeのPhotoshop(フォトショップ)とはどんなソフト? アドビシステムズが販売して

記事を読む

名刺の作成ができるソフトのダウンロード

名刺を作成するためにソフトを無料でダウンロードしよう 専門の印刷会社へと依頼するのではなく名刺

記事を読む

PowerPoint(パワーポイント)で名刺の作成

PowerPoint(パワーポイント)の使い道は? 資料作成やプレゼンテーションに欠かせないソ

記事を読む

Macで名刺の作成

Macにはどんなメリットがあるの? Macでも利用できる名刺作成ソフトがあるのかどうか、疑問を抱え

記事を読む

Excel(エクセル)で名刺の作成

多くのパソコンに元から入っているMicrosoft社のExcel(エクセル)を使って名刺を作成す

記事を読む

一太郎で名刺の作成

一太郎を使って名刺を作成しよう 日本語のワープロソフトとして有名なのが一太郎で、業界で首位だっ

記事を読む

ラベル屋さんによる名刺作成

無料ソフトのラベル屋さんで名刺を作成しよう Macで名刺の作成というページでも軽く説明致し

記事を読む

Windows(ペイント)で名刺の作成

Windowsのペイントとは?どんな機能がある? パソコンのWindowsの中にはペイントが入

記事を読む

Word(ワード)2007・2010で名刺の作成

Word(ワード)にはどんな使い道がある ワープロソフトの中でも、Word(ワード)は

記事を読む

Adobe(アドビ)で名刺の作成

Adobe(アドビ)のソフトを使って名刺を作成しよう Adobe(アドビ)社から販売されて

記事を読む

24時間に渡って名刺を作成できる店舗はある?

24時間に渡って名刺を作成できる店舗はあるの? 一般的に実店舗で名刺を...

タクシーの運転手は名刺を作成すべき?

タクシーの運転手は名刺を作成した方が良いの? タクシーの運転手は名刺を...

倉敷市で名刺を作成しよう

倉敷市で名刺を作成できる店舗をご紹介! このページでは、岡山県の倉敷市...

クリエイターの名刺を作成

クリエイターという職業とは?どんな種類がある? 普段の生活の中でクリエ...

ハワイアンの名刺を作成

ハワイアンの名刺作成が合っている職業とは? 名刺のデザインを考えるに当...

これだけは覚えておきたい!名刺を管理するコツやテクニック

これだけは覚えておきたい!名刺を管理するコツやテクニックをチェック! ...

フィルム用紙で名刺を作成

フィルム用紙で名刺を作成するメリットは? 名刺を作成するに当たり、用紙...

恵比寿で名刺を作成しよう(即日サービスあり)

恵比寿で名刺を作成しよう(即日サービスを取り入れた店舗もあり) このペ...

ナレーターの名刺を作成

ナレーターの仕事内容とは? テレビやラジオの番組で朗読をしている方をナ...

ホームセンターで名刺を作成できる?

ホームセンターで名刺を作成できるの? ホームセンターと聞くと、日曜大工...

PAGE TOP ↑