カメラのキタムラによる名刺作成

カメラのキタムラで名刺の作成や印刷はできるの?

カメラのキタムラで名刺の作成や印刷はできるの?

カメラのキタムラで名刺を作成できたとネット上の口コミがあり、「名刺作成のサービスも実施しているのか」と驚いた方は多いかもしれません。

しかし、それはカメラのキタムラで名刺を作成するのではなく、スキャン代行サービスと間違えている可能性がありますね。

確かに、2014年の8月にカメラのキタムラ全国900店舗では、名刺管理アプリ「Eight」が実施している「どこでもスキャン計画」を展開するために、名刺のスキャン代行サービスを実施しました。

これは店舗預かり方のサービスで、ユーザーがキタムラに名刺を預けるとスキャン作業を実施し、3日以内は返却してくれます。

そして、名刺管理アプリとして有名な「Eight」の中に名刺のデータが取り込まれますので、大量に集まった名刺の取り扱いに困っている方に最適です。

スキャン代行サービスはできても、2019年の7月現在でカメラのキタムラで名刺の作成業務は行っていません。

 

カメラのキタムラ

 

上記のように、カメラのキタムラの公式サイトでも、名刺の作成が行われていない点について記載されています。

ビジネスや趣味で使う名刺を作成したい方は、自分でIllustrator(イラストレーター)を使ってデータを作るか、専門の印刷会社に依頼してみてください。

 

カメラのキタムラで名刺をスキャンする際の流れ

名刺のスキャン

以下ではカメラのキタムラと名刺管理アプリの「Eight」を使用し、名刺をスキャンするまでの流れについてまとめてみました。

  1. 名刺管理アプリの「Eight」をiPhoneやAndroidでダウンロードする
  2. 「メニュー」⇒「設定」⇒「ログイン情報」でIDとパスワードを登録する
  3. お近くのカメラのキタムラへと名刺を持ち込みスキャンしてもらう
  4. 数日後に預けた名刺を受け取りに行く

 

上記のように簡単に名刺スキャン代行サービスを利用できるので、カメラのキタムラと「Eight」のコラボレーションはビジネスマンにとって非常にありがたい試みですね。

膨大な数にもなり得る名刺を自分で管理するのは非常に大変なことですので、名刺管理アプリの「Eight」を使用するのが適しています。

 

Eight

 

他のサービスと違い、名刺管理アプリの「Eight」にどのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

  • 複雑な情報でも正確にデータ化される
  • 大量に相手から貰った名刺を簡単に整理できる
  • スマホだけではなくパソコンからもアクセスできる

 

スマホをカメラのキタムラに持ち運べば良いだけですので、名刺のスキャンの利用方法に関しては至ってシンプルです。

それに、データをスキャンしていれば、電話番号やメールアドレスをタッチするだけで、相手と連絡が取れる利便性も優れたポイントなのではないでしょうか。

カメラのキタムラは全国に展開している会社ですし、名刺の作成はできなくても名刺スキャン代行サービスは全国900店舗で実施されていますので、利用する価値は大いにありますよ。

 

名刺のスキャンではなく作成を考えている方にはVistaprint(ビスタプリント)がおすすめ!

ビスタプリント

名刺のスキャンではなく名刺自体を作成したいのであれば、カメラのキタムラではなくVistaprint(ビスタプリント)をおすすめします。

Vistaprint(ビスタプリント)ではオンライン上でテンプレートを選択したり個人情報を流し込んだりすることで、高品質な名刺を一から作成可能です。

豊富に揃っているテンプレートの中からお好きなものを一つ選び、文字のフォントやサイズなど自由にデザインして印刷まで行ってくれますので、ビジネスや趣味で使う名刺はVistaprint(ビスタプリント)で作成してみてください。

 

check-s011

Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

タイトルとURLをコピーしました