穴あき名刺を作成するメリットとおすすめの印刷会社

穴あき名刺を作成するメリットは?

穴あき名刺を作成するメリットは?

「他者とは違う凝ったデザインの名刺を作ってビジネスで役立てたい」と考えている方はいませんか?

ありきたりな文字だけの名刺よりも、拘ったデザインの方が見た目のインパクトは遥かに高くなります。

そこで、今の名刺に満足していない方は穴あき名刺を作成してみてはいかがでしょうか。

穴あき名刺とはその名の通り穴が空いた名刺のことで、型抜き加工やトムソン加工といった手法を使って印刷業者が作成してくれます。

毎日たくさんの人と出会う仕事をしている方は、一度名刺交換をしただけで相手の顔を覚えたり自分を覚えてもらったりするのは意外と難しいものです。

そんな時に穴あき名刺のように何かしらの特徴があればインパクトを残せますし、相手に覚えてもらう確率を高くできますよ。

次のように効率良く自分を紹介してビジネスに役立てられるが穴あき名刺の大きなメリットです。

  • 相手に覚えてもらう確率が高くなればビジネスで発展する可能性が高い
  • フリーランスや個人事業主であれば仕事の獲得に繋がる
  • 新たに人脈を広げるための第一歩となる

 

一目会っただけで相手の顔を覚えるのは難しいからこそ、名刺で自分を覚えてもらうような工夫をしましょう。

 

穴あき名刺のデザインの例は?

名刺のデザイン

日本で穴あき名刺を使っている方は少ないかもしれませんが、海外では奇抜なデザインで名刺を作成しています。

穴あき名刺にどのようなデザインがあるのか、いくつかの例を見ていきましょう。

  • 会社のロゴのローマ字をくり抜く
  • 自社のイメージとなるイラストの形でくり抜く
  • 名刺自体をフィルムの一部のようにデコレーションする
  • カメラのレンズやフラッシュに見立てて型抜き加工を施す
  • カットした穴から指が出せるような遊び心を加える
  • 大胆にも名刺の中心部分に穴をあけてみる

 

あまりにもやり過ぎると引かれる可能性はあるものの、名刺の作成に気を配って他者と差別化を図るのは大事です。

型抜き加工やトムソン加工を自宅で行うのは難易度が高く、名刺印刷サービスに依頼するのが手っ取り早いかもしれません。

 

穴あき名刺を作成できるおすすめの印刷会社

穴あき名刺の作成にかかる費用は、印刷会社やサービスによって大きく異なります。

通常料金にオプションとして付け加える形になりますので、普通の名刺を作成するよりも高い費用がかかるのです。

とは言え、どの印刷サービスでも莫大な費用はかかることはありませんし、1枚当たりのコストが大幅に上がることはありません。

少し高い費用を支払うだけで名刺全体のイメージを大きく変えることができますので、穴あき名刺の作成を依頼する価値は十分にありますね。

このページでは穴あき名刺を作成できるおすすめの印刷会社をいくつか紹介していますので、「どこに依頼すれば良いの?」と迷っている方は参考にしてみてください。

 

名刺21

名刺21

名刺21では、様々な加工を施した特殊な名刺を作成できます。

その一つが穴あけ加工で、ひも等を通す用途に便利です。

名刺やハガキなどの印刷物に穴あけ加工を施せば、商品タグやしおりにも応用できるのではないでしょうか。

文字やデザインのくり抜きとは少し意味合いが違いますが、やり方によっては見た目のインパクトをアップさせることができます。

名刺21では穴あけ加工だけではなく、次のオプション加工も用意されていました。

  • 金や銀を熱圧押し加工する「箔押し加工」
  • 文字やデザインを浮き上がらせる「浮き出し箔押し」
  • 立体的な印刷物になるように演出する「エンボス加工」

 

様々な名刺のアレンジや加工ができますので、「○○○のデザインで仕上げて欲しい」という希望がある方は名刺21に問い合わせてみてください。

 

名刺作成のファースト

名刺作成のファースト

名刺作成のファーストは、お手頃な料金で名刺やショップカードを作成できる印刷会社です。

既存のデザインテンプレートを使って名刺を作成する形になりますが、名刺の形を変える型抜きやワンポイントの切抜きなど幅広い種類が用意されています。

これらの中から一つを選び、オンライン上で名刺の作成と印刷の両方を依頼できる仕組みです。

名刺作成のファーストで作成できる穴あき名刺は、次のようにたくさんのデザインから選べます。

  • ラナンキュラス(au001-07)
  • プリンセス(ho002-05)
  • ホットケーキ(au001-06)
  • レトロなテレビ(mn004-06)

 

拘りのある1枚の名刺が欲しい方は、名刺作成のファーストに依頼してみてください。

 

穴あき名刺を作成するデメリット

名刺でインパクトを与えられる反面、穴あき名刺には次の3つのデメリットがあります。

  • 全ての印刷会社に対応している加工ではなく、作成できる場所が限られている
  • 通常のビジネス名刺を作成する場合と違って1枚当たりのコストが高い
  • お堅い職業の人が作成すると「ふざけているのでは?」と勘違いされる

 

何が何でも穴をあけてインパクトを強めれば良いという単純な話ではありません。

逆に自分や会社のイメージが悪くなってしまっては全く意味がありませんので、「本当に自分にとって必要な加工なのか?」と言い聞かせてから専門の印刷会社に依頼して作ってみてください。

穴あき加工を施さない通常の名刺が欲しいのであれば、ネット通販のVistaprint(ビスタプリント)がおすすめです。

Vistaprint(ビスタプリント)は5,000種類以上のデザインから自由に選んで、名刺やショップカードを作成できます。

シンプルでビジネス用途にバッチリのデザインもたくさんありますので、詳細はVistaprint(ビスタプリント)の公式サイトで確かめてみてください。

 

check-s011

Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

タイトルとURLをコピーしました