【口コミや評判は?】ライズプリントで名刺を作成するメリット7つとデメリット4つを全解説!

ライズプリント(Riseprint)の基本情報

ライズプリント(Riseprint)

ライズプリント(Riseprint)の基本情報
サービス名 ライズプリント(Riseprint)
会社名 株式会社ライズエージェンシー
本社の郵便番号 〒108-0073
本社の住所 東京都港区三田3丁目7番18号 ザ・イトヤマタワー10F
電話番号 0120-700-679
注文ロット 100枚~
名刺100枚の料金 650円~
名刺200枚の料金 1,300円~
送料 700円~
納期 最短で2営業日
テンプレートの種類 ★☆☆☆☆
印刷用紙の種類 10種類以上
デザイン編集
データ入稿
総合評価 ★★☆☆☆

ライズプリント(Riseprint)は、ネットで名刺やショップカードを作成できる印刷会社です。

「安心のサポート体制」「とにかく安い」「最高の仕上がり」といった理由で選ばれていますね。

データ入稿で格安の料金で名刺を作成したい方にライズプリント(Riseprint)はおすすめ!

このページではライズプリント(Riseprint)で名刺を作成するメリットやデメリット、実際に利用した方の口コミや評判の情報を紹介していきます。

参考 ライズプリント(Riseprint)の公式サイト

ライズプリント(Riseprint)で名刺を作成する7つのメリットを徹底解説!

ライズプリント(Riseprint)は、上記の7つのメリットを持ち合わせているネット印刷サービスです。

印刷累計は4億部を突破していますので、ライズプリント(Riseprint)が信頼されていることがわかります。

まずは他の印刷会社とは違うライズプリント(Riseprint)の強みから詳しく見ていきましょう。

1:片面白黒の名刺が100枚で650円~と安い!

名刺印刷

※横にスクロールできます。

名刺の枚数 表白黒名刺 両面白黒名刺 表カラー名刺 表カラー/裏白黒名刺 両面カラー名刺
100枚の印刷 650円~ 700円~ 950円~ 1,000円~ 1,300円~
200枚の印刷 1,300円~ 1,400円~ 1,900円~ 2,000円~ 2,600円~
300枚の印刷 1,950円~ 2,100円~ 2,850円~ 3,000円~ 3,900円~
400枚の印刷 2,600円~ 2,800円~ 3,800円~ 4,000円~ 5,200円~
500枚の印刷 3,250円~ 3,500円~ 4,750円~ 5,000円~ 6,500円~

ライズプリント(Riseprint)では、上記の価格で名刺を作成できます。

表白黒の名刺の場合、100枚の印刷料金が650円~と格安です。

※モノクロのシンプルなデザインの名刺作成におすすめの印刷会社4選はこちら!

【10社徹底比較!】モノクロのシンプルなデザインの名刺作成におすすめの印刷会社5選!
お堅い職業の方にはモノクロのシンプルなデザインの名刺が向いています。このページでは、シンプルなデザインの名刺を作成できる印刷会社についてまとめました。ネット印刷なら簡単に名刺を作れますので、サービス選びで迷っている方は参考にしてみてください。

ライズプリント(Riseprint)に依頼すれば、金銭的な負担を抑えてビジネス名刺やプライベート名刺を作ることができますよ。

カラー名刺や両面名刺も取り扱っていますので、自分の希望に合わせて選びましょう。

※両面名刺を作成するメリットは下記のページで解説しています。

【10社徹底比較!】裏面を使った両面の名刺作成におすすめの印刷会社4選!
名刺は表面と裏面の両方を使えます。この記事では両面の名刺を作成するメリットやおすすめの印刷会社についてまとめました。名刺の中に記載する情報量を増やしたい方は、裏面のスペースを有効活用してみてください。

2:幅広いソフトによるデータ入稿に対応!

※横にスクロールできます。

ライズプリント対応のソフト データの保存形式
Adobe Illustrator ai
Adobe Photoshop Photoshop EPS
Word(ワード) pdf
Excel(エクセル) pdf
PowerPoint(パワーポイント) pdf

多くの印刷会社では、Illustrator(イラストレーター)やPhotoshop(フォトショップ)のデータで名刺を作成できます。

※Illustrator(イラストレーター)やPhotoshop(フォトショップ)で名刺を作成する手順はこちら!

Illustrator(イラストレーター)で名刺を作成する手順を徹底解説!
Illustrator(イラストレーター)はAdobe社から販売されている画像編集ソフトです。オリジナルの名刺を作成したい方にはIllustratorがおすすめ!ここではIllustratorで名刺を作成する手順を詳しく解説していきます。
Photoshop(フォトショップ)で名刺を作成する流れを徹底解説!
Photoshop(フォトショップ)はAdobeの画像編集ソフトです。画像の加工や編集がメインのソフトですが、Photoshop(フォトショップ)は名刺も作成できますよ。このページではPhotoshop(フォトショップ)で名刺を作成する流れを詳しくまとめました。

しかし、ライズプリント(Riseprint)はAdobe(アドビ)のソフトに加えて、オフィス系ソフトによるデータ入稿に対応しているのがメリットですね。

Excel(エクセル)やPowerPoint(パワーポイント)、Word(ワード)のデータを入稿して名刺を作ることができます。

※Excel(エクセル)やPowerPoint(パワーポイント)で名刺を作成する手順はこちら!

Excel(エクセル)で名刺を作成する4つの手順を徹底解説!データを作る上での注意点は?
表計算ソフトのExcel(エクセル)は名刺を作成することもできます。このページでは、Excel(エクセル)で名刺を作成する4つの手順について詳しくまとめました。自作の名刺が欲しい方は是非一度参考にしてみてください。
PowerPoint(パワーポイント)で名刺を作成する3つのメリットと正しい手順を徹底解説!
プレゼンソフトのPowerPoint(パワーポイント)は名刺を作成できます。シンプルデザインやポップデザインなど、幅広い名刺のテンプレートから選択OK!この記事では、PowerPoint(パワーポイント)で名刺を作成する手順を詳しく解説していきます。

データ入稿の前に押さえておきたいポイントに関しては、ライズプリント(Riseprint)の公式サイトの「データ入稿ガイド」をご覧になってください。

参考 ライズプリント(Riseprint)のデータ入稿ガイド

3:オリジナルデザインの名刺印刷を依頼できる!

オリジナルデザイン

ライズプリント(Riseprint)はデータ入稿だけではなく、オリジナルデザインの名刺印刷を依頼できます。

オリジナルデザインの作成に対応している印刷物は下記の通りです。

※横にスクロールできます。

ライズプリントのオリジナルデザインの印刷物!
名刺・カード 大切な現場でのダイレクトな結び付きを強めるツールに
ポスター・サイン 相手の目を引く視認性の高いグラフィックを制作
チラシ・フライヤー 企画から制作までデータに基づいてリアルな反響に繋げる
パンフレット・冊子 様々な業種や用途で求められているニーズにマッチしたデザインに
ハガキ・封筒 コミュニケーションに繋げる心の通ったツールを提供

名刺を作成するソフトをお持ちでない方は、ライズプリント(Riseprint)でオリジナルデザインの名刺を作りましょう。

※オーダーメイドでオリジナル名刺を作成する3つのメリットはこちら!

【6社徹底比較!】オーダーメイドでオリジナル名刺を作成する3つのメリットとおすすめの印刷会社5選!
印刷会社の中には、オーダーメイドでオリジナル名刺を作成できるところがあります。他者と被らないデザインで名刺を作成したい人におすすめ!オーダーメイドで名刺を作成できる印刷会社は限られていますので、こちらのページを参考にしてみてください。

4:自分の希望に合う用紙を使って印刷できる!

名刺用紙

※横にスクロールできます。

取り扱い用紙 大まかな特徴
OKマットポスト180kg 落ち着いた雰囲気のつや消しアートポスト紙
エスプリコートFP180kg ツヤのある用紙で写真入りの名刺に適している
ハイマッキンレーマットポスト180kg 白さとしなやかな手触りを両立させた高級用紙
アートポスト180kg コート紙をより厚くしたクリーム色の用紙
ハイブランカR180kg 配合率70%のアートポストの再生紙
ベストマット160kg 無塩素漂白パルプの落ち着いた感じの用紙
アイベストW180kg アイボリー系の白色の両面コート紙
孔雀ケント180kg 上品な白さと強靱なコシを併せ持つ用紙
上質180kg 名刺用紙としてオーソドックスなマット系
マシュマロ180kg 高白色・高平滑・キメ細かな滑らかさの用紙
マシュマロナチュラル160kg 高平滑・高品位の風合いのあるクリーム色の用紙

名刺はデザインテンプレートだけではなく、印刷用紙でも見た目のイメージが変わります。

ライズプリント(Riseprint)で取り扱っている用紙は上記のように様々!

自分の希望に合う用紙を使って名刺を印刷できますよ。

しかも、ライズプリント(Riseprint)は用紙による印刷料金に違いはありません。

高級紙で印刷しても通常紙と同じ価格で済むのはライズプリント(Riseprint)のメリットです。

5:最短2営業日のスピード印刷に対応!

納期

ライズプリント(Riseprint)は、最短2営業日のスピード印刷に対応しています。

入稿データのチェックが完了した「受付完了日」から最短2営業日で名刺を届けてくれますので、「早く印刷しないと…」と焦っている方にもおすすめです。

※名刺を発注してから届くまでの納期や日数についてはこちら!

【即日発送・当日出荷】名刺を発注してから届くまでの納期や日数について徹底解説!
名刺を発注してから届くまでには一定の納期や日数がかかります。納期は印刷会社によって大きな違いあり!この記事ではお急ぎのビジネスマンのために、即日発送や当日出荷に対応している名刺作成サービスをまとめてみました。

ただし、入稿した名刺のデータに修正点があった場合、受付日の確定までに時間がかかることも…。

ライズプリント(Riseprint)はデータ修正は行っていませんので、修正が不要な完全データを入稿してください。

※データ入稿で名刺を作成する際に押さえておきたい8つのポイントはこちら!

データ入稿で名刺を作成する際に押さえておきたい8つのポイントを徹底解説!
IllustratorやPhotoshopで作った名刺のデータがあれば、印刷会社に入稿して印刷を依頼できます。自宅のプリンタを使ったりコンビニに足を運んだりする必要はありません。ここではデータ入稿の名刺作成におすすめの印刷会社を4つ紹介しています。

6:幅広い支払い方法から自由に選択OK!

※横にスクロールできます。

ライズプリントの支払い方法!
銀行振込 メールアドレスに「ご注文内容および銀行振込みのご案内」が届く
代金引換 配送料や代引手数料を含む合計金額を業者に現金で支払う
PayPal 売り手にクレジットカード情報を伝えずに料金の支払いができる

ライズプリント(Riseprint)では、上記の3種類の支払い方法から自由に選択できます。

クレジットカードをお持ちでない方でも、銀行振込や代金引換で名刺の印刷料金を支払えますので安心です。

※印刷会社への支払い方法についてはこちら!

印刷会社への支払い方法は?請求書払いで名刺を作成できるサービス3選!
印刷会社の中には、請求書払いで名刺を作成できるところがあります。法人や個人事業主であれば請求書払いの選択OK!印刷会社の支払い方法についても解説していますので、名刺を注文する前の参考にしてみてください。

しかし、銀行振込や代金引換は手数料が発生するのがデメリット…。

余計な費用を負担したくない方は、PayPal(クレジットカード)を選びましょう。

ライズプリント(Riseprint)の公式サイトで商品の注文画面に進み、「PayPalでお支払い」のボタンをクリックします。

PayPalでお支払い

PayPalでお支払い

PayPalのアカウントでログインし、注文ボタンをクリックするだけで手続きは完了です。

PayPalでお支払い

PayPalでお支払い

ライズプリント(Riseprint)の支払い方法に関しては、公式サイトのこちらのページをご覧になってください。

参考 ライズプリント(Riseprint)の支払いについて

7:名刺以外にも取り扱っている印刷物が多い!

取り扱い印刷物

ライズプリント(Riseprint)で作成できるのは名刺やショップカードだけではありません。

他にもライズプリント(Riseprint)では次の印刷物を取り扱っています。

  • 室内用の大判ポスター(水性インク)
  • イベント展示に使えるパネル・ボード
  • 最小10枚から印刷できるチラシ・フライヤー
  • 自由にスリットを入れられるシール・ステッカー
  • 最少ロット100枚から印刷できる封筒印刷

ポスターやステッカーなど、ビジネスで必要なグッズの取り扱いが豊富ですね。

※ステッカー・シールの作成が安いおすすめの印刷会社5選はこちら!

【10社徹底比較!】ステッカー・シールの作成が安いおすすめの印刷会社5選!
「印刷会社に依頼してステッカーやシールを作りたい」と考えている方はいませんか?ネット印刷サービスでは、あなたが希望するデザインで素敵なステッカーやシールを作成できます。ここでは特に料金が安い印刷会社を比較して紹介していますので、是非一度参考にしてみてください。

印刷物の作成に関する疑問は、ライズプリント(Riseprint)に直接問い合わせてみましょう。

ライズプリント(Riseprint)で名刺を作成する前に押さえておきたい4つのデメリット…

他の印刷会社と比較してみると、ライズプリント(Riseprint)で名刺を作成するに当たって上記の4つのデメリットあり…。

ライズプリント(Riseprint)で名刺を注文する前に、良くない部分をしっかりと押さえておきましょう。

1:カラー名刺の印刷料金はそこまで安くない…

※横にスクロールできます。

カラー名刺の料金 ライズプリント Vistaprint
100枚の印刷 950円~ 1,628円~
200枚の印刷 1,900円~ 2,143円~
300枚の印刷 2,850円~ 2,659円~
400枚の印刷 3,800円~ 3,173円~
500枚の印刷 4,750円~ 3,688円~

上記では、ライズプリント(Riseprint)とVistaprint(ビスタプリント)をフルカラー名刺の印刷料金で比較してみました。

ライズプリント(Riseprint)はカラー名刺の印刷料金はそこまで安くありません。

100枚や200枚の名刺印刷の料金はライズプリント(Riseprint)に軍配が上がりますが、300枚以上だとVistaprint(ビスタプリント)の方が安いですよ。

名刺をまとめて注文したい方はVistaprint(ビスタプリント)を選んだ方が良いでしょう。

Vistaprint(ビスタプリント)の公式サイトはこちら

【口コミや評判は?】Vistaprint(ビスタプリント)が詐欺業者なのか徹底解説!
Vistaprint(ビスタプリント)が詐欺業者なのかどうか、この記事では口コミの評判を徹底解説しています。結論から言うと、Vistaprint(ビスタプリント)は信頼できる名刺作成サービス!他のネット印刷と何が違うのか見ていきましょう。

2:名刺の送料が高めに設定されている…

※横にスクロールできます。

地域 名刺の送料
関東・関西 700円
上記と離島を除く 900円
北海道 1,700円
沖縄 2,100円

ライズプリント(Riseprint)で名刺を注文すると上記の送料が発生します。

北海道は1,700円、沖縄は2,100円と送料はかなり高めですね。

※沖縄の那覇市で名刺を作成できるおすすめの印刷会社4選はこちら!

【8社徹底比較!】沖縄の那覇市で名刺を作成できるおすすめの印刷会社4選!
この記事では、沖縄県の那覇市で名刺を作成できる印刷会社8社を比較し、特におすすめの店舗を4つ紹介しています。実店舗の印刷会社では即日で名刺を作成できますので、早く手に入れたい方は一度チェックしておきましょう。

一方でネット印刷サービスのVistaprint(ビスタプリント)は、送料が一切かかりません。

100枚の名刺の料金は1,628円~で、この金額の中に送料が含まれています。

余計なコストを抑えてビジネス名刺やプライベート名刺を作成したい方にVistaprint(ビスタプリント)はおすすめです。

3:オンライン上で名刺のデザインを編集できない…

ライズプリント(Riseprint)は、データ入稿やデザイン依頼で名刺を作成する形になります。

しかし、オンライン上で名刺のデザインを編集することはできません。

つまり、ライズプリント(Riseprint)で名刺を作成するには少々手間がかかります。

上記の項目で紹介したVistaprint(ビスタプリント)は、ブラウザ上で使えるソフトで名刺のデザインの編集ができるサービス!

ライズプリント(Riseprint)と比較してみると、遥かに簡単に名刺を作成できますよ。

Vistaprint(ビスタプリント)の公式サイトはこちら

4:特殊な加工やオプションは取り扱っていない…

オプション

「今の名刺はシンプルだから何かアクセントが欲しい…」と考えている方はいませんか?

しかし、ライズプリント(Riseprint)に特殊な加工やオプションはなし…。

エンボス加工や箔押し加工などのオプションを施し、インパクト抜群の名刺を作成できないのはライズプリント(Riseprint)のデメリットです。

※エンボス加工や箔押し加工で名刺を作成するメリットはこちら!

【10社徹底比較!】エンボス加工(浮き出し加工)で名刺を作成する3つのメリットとおすすめの印刷会社4選!
印刷会社の中には、エンボス加工(浮き出し加工)で名刺を作成できるところがあります。エンボス加工(浮き出し加工)は、文字やデザインに凹凸をつけてインパクトを強める加工!ここでは10社の印刷会社を比較していますので、名刺を作成したい方は選び方の参考にしてみてください。
【10社徹底比較!】箔押し加工で名刺を作成できるおすすめの印刷会社5選!
箔押し加工では金箔や銀箔を用紙に圧着します。通常の印刷方式と違い、箔押し名刺は高級感や光沢感がアップするのがメリット!この記事では箔押し加工で名刺を作成できる印刷会社10社を比較し、特におすすめのサービスを5社紹介しています。

相手の気を引く名刺が欲しい方は、特殊な加工を施せる印刷会社に依頼しましょう。

ライズプリント(Riseprint)で名刺を作成する流れを徹底解説!

ライズプリント(Riseprint)は、1台のパソコンと名刺のデータがあれば簡単に印刷を依頼できます。

以下では、ライズプリント(Riseprint)で名刺を作成する流れをまとめてみました。

 

①ライズプリント(Riseprint)の公式サイトにアクセスし、個人情報を入力して会員登録する

ライズプリントで名刺を作成する流れ

 

②support@e-chirashi.biz宛から届くメール内のURLをクリックして本登録を済ませる

ライズプリントで名刺を作成する流れ

 

③ご希望の部数と発送日などにカーソルを合わせて印刷する商品を選択する

ライズプリントで名刺を作成する流れ

 

④カートページから商品を購入し、内容に問題なければそのままレジに進む

ライズプリントで名刺を作成する流れ

 

⑤配送情報や支払い情報をフォームに入力し、次のページに進む

ライズプリントで名刺を作成する流れ

 

⑥「ファイルを選択」を押し、印刷データをアップロードする

ライズプリントで名刺を作成する流れ

 

⑦内容を確認して問題がなければ、「この内容で注文」をクリックして完了

ライズプリントで名刺を作成する流れ

 

後はライズプリント(Riseprint)で作成した名刺が自宅に届くのを待つだけです。

スピーディーな対応をしてくれる印刷会社ですので、ライズプリント(Riseprint)で名刺を作ってみてください。

参考 ライズプリント(Riseprint)のご利用ガイド

ライズプリント(Riseprint)の口コミや評判まとめ!

ライズプリント(Riseprint)の口コミや評判

このページでは、ライズプリント(Riseprint)を利用している人の口コミや評判の情報を紹介していきます。

1:印刷を依頼するならライズプリントかグラフィックの二択だな!

印刷会社に依頼するに当たり、ライズプリント(Riseprint)と印刷通販のグラフィックを使っている方は多いようです。

印刷通販のグラフィックでも、お手頃な料金で名刺を作成できますよ。

どちらもサポート体制はバッチリですので、お好きな方に問い合わせてみてください。

2:少部数のポスターやスレンチボードならライズプリント!

少部数のポスターやスレンチボードを作成するために、印刷会社のライズプリント(Riseprint)を利用しているユーザーはいました。

名刺やショップカード以外にも取り扱い印刷物はたくさんあります。

※名刺に加えてショップカードを作成できるおすすめの印刷会社4選はこちら!

【8社徹底比較!】名刺に加えてショップカードを作成できるおすすめの印刷会社5選!
この記事では名刺やショップカードを作成できる印刷会社8社を比較し、特におすすめのサービスを5つ紹介しています。ショップカードの作成で押さえておきたいポイントも解説していますので、是非一度参考にしてみてください。

上記の項目でも解説しましたが、色々な印刷物を依頼できるのがライズプリント(Riseprint)の魅力的なポイントですね。

3:ライズプリントで印刷して自分で小分けカットすれば安い!

Twitterの口コミを見てみると、ライズプリント(Riseprint)の印刷物の料金の安さに満足している方はいました。

大判の印刷物をライズプリント(Riseprint)で注文し、自分で小分けカットするのは選択肢の一つです。

詳しい料金設定は、ライズプリント(Riseprint)の公式サイトをご覧になってください。

4:ライズプリントからポスターが届いたけど汚れていた…

ライズプリント(Riseprint)でポスターを注文し、汚れていたとクレームを残している方がいました。

7年前くらいのツイートですが、注文した印刷物が汚れていたらショックですよね。

もちろん、ライズプリント(Riseprint)なら返品対応してくれると思います。

5:Riseprintは安いけど品質は落ちるかも…

ライズプリント(Riseprint)やアクセアは、印刷料金が安い代わりに品質が落ちるとの口コミがありました。

※ACCEA(アクセア)で名刺を作成する5つのメリットと3つのデメリットはこちら!

【口コミや評判は?】ACCEA(アクセア)で名刺を作成する5つのメリットと4つのデメリットを全解説!
ACCEA(アクセア)は即日で名刺を作成できる実店舗型の印刷会社です。Illustratorのデータを入稿して名刺の印刷を依頼する形になります。ここではACCEA(アクセア)で名刺を作成するメリットやデメリット、利用者の口コミや評判をまとめました。

高品質な名刺を作りたい方は、他のネット印刷サービスに依頼した方が良いかもしれません。

まとめ

ライズプリント(Riseprint)で名刺を作成するメリットやデメリット、利用者の口コミや評判についておわかり頂けましたか?

モノクロの名刺を格安の料金で印刷してもらいたい方にライズプリント(Riseprint)は向いています。

取り扱い用紙の種類も豊富ですので、まずは公式サイトをご覧になってください。

タイトルとURLをコピーしました